« なんとステート・ストリートも超ローコスト戦線に参入!安いだけでなく注目ポイントもたくさん! | トップページ | SBI証券 個人型DCの商品ラインナップが大幅拡充! »

2016年4月22日 (金)

ドルコストを止めるとき 2016

ITTINさんのエントリーを読んでいて、ふと、10年前に こんなエントリーを書いていたのを思い出しました。

このときは、

  • 資産がある一定以上になったら、ドルコストでちまちまやっても資産配分に対する影響力はほとんどなく、気休め効果すらなくなるので、ドルコストは止めても良いのではないか?
  • ただ、しがないサラリーマンが、その域に達するには、10年以上(このときは14年なんて数字を適当な屁理屈をこねて計算してました)、コツコツし続けなければならない。
  • しかし、しがないサラリーマンはお金を使うこともあるので(持ち家とか、子どもの学資とか)、すぐに元に戻ったりして、結局、ドルコストになっちゃうのではないか?
  • ドルコストは永遠なり。サラリーマンとはドルコストなり。

なんてことをつらつら考えていました。

今も、基本は変わらないのですが、一点、加わりました。

それは、

 サラリーマンを辞めたとき

です。

収入がなくなれば、「収入があったらすぐ投資」という考え方が通用しなくなります。(ご参考エントリ:ドルコストの利点についてまとめる

結局、ドルコストは、

 サラリーマンの蓄財とはそういうものである。

ってことなんですけどね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« なんとステート・ストリートも超ローコスト戦線に参入!安いだけでなく注目ポイントもたくさん! | トップページ | SBI証券 個人型DCの商品ラインナップが大幅拡充! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとステート・ストリートも超ローコスト戦線に参入!安いだけでなく注目ポイントもたくさん! | トップページ | SBI証券 個人型DCの商品ラインナップが大幅拡充! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.