« 株主優待制度の行方 | トップページ | 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 »

2016年3月 6日 (日)

米国は良いなあと思っていること

米国は「やだなあ」と思うこともありますが、「いいなあ」と思っていることもあります。このブログを始めた頃、たとえば、それは「バンガードのローコストファンドが買えること」でした。

その願いは、10年の時を経て、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」や「たわらノーロード先進国株式」というかたちで実りましたね。

この願いと比べると、かなり、ささやかですが「日本もそうならないかなあ」と思っていることがまだあります。

今回は「情報ソース編」です。

(その1)株式のヒストリカルデータの入手

米国のyahooは、たとえば、こちらのように、「Download to Spreadsheet」というところをクリックすると誰でもデータを入手できます。一方の日本は、こちら「VIP倶楽部」に登録しないとできないんですね。有料です。

(その2)Ajust close(調整後終値)の考え方

日本yahooの「調整後終値」は、あくまで株式分割(こちら)。一方の米国yahooは、VFINXを例に挙げると、こちらを見ていただくとわかるように、配当(Dividend)として調整しているため、分配金再投資後(税金はかからないものとして)のリターンを知ることができるんですね。

(その3)税引き後のリターンを知る。

こちらも、VFINXを例に挙げると、米国モーニングスターのこのページ。「Pretax Return」と「 Tax-adjusted Return」があります。

税金の事情は米国とは違うんでしょうけど、日本でも税金の影響がさっとわかれば、毎月分配型の税金問題を、さっと、知ることができる気がするんです。

--------------

今回は、情報ソースで私が長年困ってるお話でした。なにか、うまい手があったら、ぜひ、教えて下さい。

こんなのわかんなくても、インデックス投資に何の影響もありませんね(^^;)。

普通の人は、ちっとも困らない、お話でした(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 株主優待制度の行方 | トップページ | 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株主優待制度の行方 | トップページ | 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.