« 今月新しく私のポートフォリオに加わった金融商品 2016/3 | トップページ | 第二の人生を支える力について »

2016年3月24日 (木)

いまどきの無リスク資産の置き場所事情 2016/3

最近、悩ましいのが、現金などの無リスク資産の置き場所。理由は、銀行預金金利の低下です・

考えられるのは、次の2つ。

(1)個人向け国債変動10年

(2)比較的、金利の良い銀行預金

(1)は、すっきり考えられるのですが、問題は(2)。特に住信SBIがメインの方は、ハイブリッド預金の金利低下に、頭を悩ませている人も多いと思います。


私の金融資産は、2月末のポートフォリオでご紹介したように、

(A)運用資産(B)生活防衛資金(C) 予備

に分かれていますが、

(1)(A)の日本債券は、すべて「個人向け国債変動10年」で、証券会社預かり。

(2)(B)(C)は、楽天銀行、オリックス銀行。

というかたちに置き場所を整理しました。

楽天銀行のマネーブリッジは、どこまで、踏ん張ってくれるか未知数ですが、金利が魅力的です。他行への無料振り込みも最大3回にできますし、足りなければ、他のネット銀行で振り込み回数を稼ぐという手もあります。(楽天銀行から即時入金→SBI証券→出金→住信SBI→他行無料振り込み という迂回作戦などなど)

もうひとつ選択肢があります。

  • 預金金利のことはきれいさっぱり忘れる。

これは、精神衛生上、いいかもしれません。


マネーブリッジの金利がうれしい楽天銀行の口座開設はこちらから→楽天銀行

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 今月新しく私のポートフォリオに加わった金融商品 2016/3 | トップページ | 第二の人生を支える力について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月新しく私のポートフォリオに加わった金融商品 2016/3 | トップページ | 第二の人生を支える力について »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.