« 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 | トップページ | 現実的なアーリーリタイヤのお年頃 »

2016年3月 8日 (火)

仮想通貨 2016

最近、また、日経さんが仮想通貨をよく取り上げてますね〜。 

取り上げる背景には「フィンテック」というキーワードがあるようです。

私は、かならずしも、仮想通貨のような新しいものを否定するつもりはありませんし、比較的新しもの好きです。

そういう意味では、仮想通貨肯定派。

でも、なんとなく不安ですよね。

「よくわからないものには投資するな」といういい方がありますが、「よくわからない」理由は、「信用」すなわち「信用できる仕掛けの充足度」にあります。「信用できる仕掛けが十分でないものには投資するな」という方が近いかも。

今、我々が安心して使っている「普通の通貨」や「株式」も、歴史の最初は「新しいもの」でしたが、信用できる仕組みがどんどんできていったのですね。

福沢諭吉先生が精巧に書かれた「紙切れ」が価値を持つのは、それを発行している政府を信用しているわけで、信用を得る仕掛けがいろいろ用意されています。

新しいものが出たばかりの時は、その仕掛けが十分じゃないので、どこまで信じるか?ということになります。仮想通貨はこれからです。

決済という意味では、今のところ電子マネーとかポイントで十分ですし、冒頭の記事では、デリバティブについて書かれていますが、そもそも、私、デリバティブやんないし。

たしかに長期投資にせよ何にせよ信じないと始まりません。信じるものは救われます。

しかし、

 むやみに信じるものは救われない

というところでしょうかね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 | トップページ | 現実的なアーリーリタイヤのお年頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。 | トップページ | 現実的なアーリーリタイヤのお年頃 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.