« 米国は良いなあと思っていること | トップページ | 仮想通貨 2016 »

2016年3月 7日 (月)

確定申告ってめんどうだけどきらいではないという話。

確定申告をしたら、「国税還付金振込通知書」のはがきが、もう来ました。税務署のみなさま、お疲れさまです。

それにしても、源泉徴収分の還付(普通だと年末調整)って、ややこしいですよね。

Wikiでは、源泉徴収について、

日本では戦費を効率的に集める目的でナチス・ドイツの制度にならい、1940年昭和15年)4月1日に、給与への源泉徴収が始まった。

なんて、書かれてます。そんな制度が現役バリバリ。

 

我らがサラリーマンを「源泉」と呼ぶこと自体、なにかしらの引っかかりを感じるなあ。せめて、「簡易事前納税」とか、「仮納付」とかにならないものでしょうかね。

それに、最近は、終身雇用をやめたい企業が多いです。私もその流れの中でセミリタイヤするに至ったクチです。

こういう流れを考えると、サラリーマンの兼業禁止規定は違法とし、いっそ、

 一億総確定申告社会

を実現するって言うのはいかがでしょうか?アベノミクスの最後の切り札。

  • 一億総確定申告になると税務署がパンクするので、収税方法は必然的に簡素化。
  • 会社の経理も効率アップでコスト削減。
  • 兼業禁止がなくなれば、プチ起業家が生まれる土壌にもなる。

 

経済活性化あってのインデックス投資家です。株価が上がるんなら、大賛成です。

・・・え? 確定申告で疲れて、仕事の生産性が落ちて、逆効果?・・・うーん(^^;)。

以上、確定申告完了でほっとした私の戯れ言コーナーでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 米国は良いなあと思っていること | トップページ | 仮想通貨 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国は良いなあと思っていること | トップページ | 仮想通貨 2016 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.