« 日本株、先進国株、新興国株の比較 2016/3 | トップページ | 確定拠出年金時代を生き抜くための基礎素養 »

2016年3月12日 (土)

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 届きました。

仙界はちょっと遠いらしく、我が家へは、一日遅れでやってきました。(仙界にも宅急便は届きます) 

ミスター・ランダム・ウォーカー水瀬さんの速読速報レポートです。

今回の特徴は、水瀬さんもお書きになっているように、分厚かったこの本が、さらに、分厚くなったこと。

  • 第11章「スマート・ベータ」は本当に役に立つか
  • 第12章 ウォール街の歩き方の手引(財産の健康管理のための一〇カ条
が増えました。
 
どのくらい増えたかというと・・・・
  • 第9版 475p
  • 第10版  483p 
  • 第11版 511p

です。

 スマート・ベータの章では、

 結局は時価総額加重のインデックス・ファンドがベスト

 と言い切っておられます。

 理由ももちろん明解です。 

第12章は、米国の事情が絡んだ投資の実践編と言うことで、これまで日本語版では割愛していた章だそうです。読んでみて、それほど違和感を感じなかったのは、日本人も多少は海外の目線を持てるようになったと言うことでしょうか・・・とまではいきませんが、第一条「元手を蓄えよ」などは万国共通です。

--------------

本書の最大の特徴は、版を重ねても軸はぶれない、こと。

投資の世界において、ずっと続けることが実を結ぶことをこの本の存続自体が証明しているのです。

マルキールさんは、1932年生まれ。2009年に来日された時↓に77歳。今年は84歳になります。

20160312

第12版が出版されますよう、日本から、お祈り申し上げます。

インデックス投資家だったら、一家に一冊、ランダム・ウォーク。ぜひ、お買い求め下さいませ。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本株、先進国株、新興国株の比較 2016/3 | トップページ | 確定拠出年金時代を生き抜くための基礎素養 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本株、先進国株、新興国株の比較 2016/3 | トップページ | 確定拠出年金時代を生き抜くための基礎素養 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.