« マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 | トップページ | スポット投資をすべきか?しないべきか?それが問題だ! »

2016年2月 9日 (火)

世界のピクテからノーロード低信託報酬のアクティブファンド登場!

世界のピクテから、ノーロード、低信託報酬(運用会社比)のアクティブファンドが登場します。

iTrust シリーズは3本

iTrustのラインアップです。

  • ピクテ-iTrust 世界株式 信託報酬年0.89%(税抜)
  • ピクテ-iTrust バイオ   信託報酬年1.33%(税抜)
  • ピクテ-iTrust ロボ    信託報酬年1.33%(税抜)

取扱会社は、いつもおなじみ、ネット証券4社に加え、東洋証券さん、そして、なんと静岡銀行さん。

注目はピクテ iTrust 世界株式のコスト

3本ともノーロードです。

そして、当ブログの読者層がおそらく注目する筆頭ファンドであろう「ピクテ-iTrust 世界株式」。

本ファンドの信託報酬が、0.89%(税抜) です。

私が、今現在、保有している唯一のアクティブファンドである「バンガード ウエルズリーインカムファンド」は、ノーロードで保有コストが0.85%(バンガードのエクスペンスレシオ0.25% + マネックス口座管理料0.6%)ですから、15年の時を超えて、ようやく、匹敵するコストのファンドが登場しました。

長かったなあ。

0.89%(税抜)。インデックスファンドのコスト対決リミテッドを経た今となっては高く見えますが、安くなりましたね。

余談ですが、コストは、ポートフォリオ全体に占める割合で加重平均して何%なのか計算し、その影響度を見て納得するというのも一つの手です。私は、ウェルズリーインカムファンドをそういう考え方で納得することにしています。

ついつい神経質になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる鈍感力も大事と私は思っています。

さて、話は戻って。でも、重要なのは、実は、コストではありません。

アクティブファンドで大事なのはその中身

アクティブファンドは、運用が命。実際の運用状況を見て判断するのがセオリーです。

  • 保有銘柄で運用方針を確認する。(トップ10銘柄や投資する国の比率)
  • 実質コストを見る。(これは決算が出ないとわからない)
  • ベンチマークとの比較。
  • 資産の流入が続いているか見る。
  • 分配金

などが重要です。新発なのでまだ見ることはできません。

<2/10追記> m@さんの記事です。

なんと既発ファンドの焼き直しでは?との観測。実質コストが痛そうですね。改善されるかもしれませんが・・・。

でも、それを見てすら、未来を予想するのは困難です。つまり、、、、

最後は自己責任(お約束)

です。

ファンドに対する「無償の愛」が最後の決め手と言い換えても良いでしょう。もちろん、自己責任ですから、投資額ご勘案の上、最初から応援するというのも考え方の一つとしてあります。

ピクテさん グッジョブ!の巻でした。

ピクテ-iTrust 世界株式ファンドが買えるSBI証券さんの口座開設はこちら→SBI証券
iTrustもウェルズリーインカムファンドも買えるマネックス証券さんの口座開設はこちら→マネックス証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 | トップページ | スポット投資をすべきか?しないべきか?それが問題だ! »

コメント

早速、買いました。積み立ても出来るのかあ、今はできないようですけど。ベンチマークに1%未満のアウトパフォームしているようですが(配当は含むのかどうか?)、たったそれだけかと思いましたが、偉大な事なんでしょうね。そう考えるとインデックス投資は大した投資方法だと再確認しまいした。

積み立てできたら1万円してみたいと思っています。

投稿: たんちん | 2016年2月 9日 (火) 21時12分

たんちん様
 コメントありがとうございます。
 記事に書きませんでしたが、下記、P17によれば、
http://www.pictet.co.jp/wp-content/uploads/2016/02/IWorldeq_S_20160129.pdf
 ベンチマークがないことになってます。ちょっと、いかがなものか、という気もします。

 投資対象のユニバースから考えて、MSCIACWI連動の1554とパフォーマンス比較してみた方が良いかもしれませんね。

投稿: NightWalker | 2016年2月 9日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63184051

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のピクテからノーロード低信託報酬のアクティブファンド登場!:

« マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 | トップページ | スポット投資をすべきか?しないべきか?それが問題だ! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.