« 世界のピクテからノーロード低信託報酬のアクティブファンド登場! | トップページ | ムサコ会に初参加! »

2016年2月10日 (水)

スポット投資をすべきか?しないべきか?それが問題だ!

タイトルは大げさにしてみましたが、本日の株価の急落や円高を受けて、思わずスポット投資をお考えの方も多いと思います。ちょっと、私の考え方を整理してみました。

Step1:そもそもスポット投資の目的は何か考える。

そもそも、なぜスポット投資?これについて、私は、次の二つを考えてます。

(1)精神安定剤の一種

 下落した月に、多めに(たとえばいつもの倍くらい)積み増しして「あー、安く買えた」「神さまありがとう」と思うことで、ドルコスト(コツコツ投資)が元々持っている精神安定剤としての効能を倍増させます。バーゲンセールといっしょですね。

 でも、バーゲンセールと同じく、買い終わった後、ある種のむなしさが残る危険性も否定できません。

(2)リバランスの一種

 (1)のような効能を否定はしませんが、私自身は、(2)の考え方です。

 スポット投資とはリバランスのひとつのかたち

 なのです。

 観点は、あくまで、ポートフォリオの比率の調整です。基本は、リスク資産の想定比率より減ったときが発動条件ですが、リスク資産の年次リターンが、20%を下回ったとき、というような条件を追加しても良いかもしれません。

Step2:スポット投資のやりかたを考える。

さて、その方法です。スポット投資をリバランスの一種と考えている私の場合は、

  • ドルコスト(の金額上積み)で実施する※(注)

です。(もともと、一気に売って、少しずつ買う、と言う考え方です)

買い時というのは「残念ながら」あるいは「ありがたいことに」すぐには逃げていかないことが多いのです。

分割する期間は、半年から1年ですかね。リバランスと割り切れば一回当たりの購入額(増額)も自ずと定まります。その後、相場の変動が続けばその都度見直しても良いわけですし。

※(注)私の場合、現在、セミリタイヤでドルコスト停止中なので、再開を検討ということになります。

Step3:スポット投資の資金はどこから捻出するか考える。

そのときのキャッシュフロー状況に合わせて、二つのケースがあります。

  • ポートフォリオ上の無リスク資産で買う。
  • ポートフォリオの外数の余裕資金ないしはキャッシュフローの余剰を使う。

結局リバランスなのですから、どっちでも、良いのではないでしょうか?

Last Step:長期投資をしていることを思い出す。

ミスターマーケットは、時々大暴れして、市場に群がる人々を振り落とすのが大好きです。明らかにSです。カン・チュンドさんによると、長期投資家はMとのことですので、打たれたら倍返しで打ち返すのではなく、じっと耐える。耐えるのを楽しむべきですね。

長期投資家の未来はまだ先です。長期投資の旅は長いのです。

焦る必要はありません。

いっそのこと、私の妻のように何にも考えない方がいいような気もするんです。(ほったらかし投資とは? 私の妻編)

長期投資をするならオススメのセゾン投信さんの口座開設はこちら→セゾン投信

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 世界のピクテからノーロード低信託報酬のアクティブファンド登場! | トップページ | ムサコ会に初参加! »

コメント

精神安定剤とリバランスがいいと思います。

リーマンクラスなら大博打をかけてみようかと思います、分散しながら下落する相場買えるかは分かりませんが、

投稿: たんちん | 2016年2月10日 (水) 08時04分

たんちん様
 コメントありがとうございます。
 バクチはオススメしません。
 リーマンショックは、100年に一度でしたからね〜。

投稿: NightWalker | 2016年2月10日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63187398

この記事へのトラックバック一覧です: スポット投資をすべきか?しないべきか?それが問題だ!:

« 世界のピクテからノーロード低信託報酬のアクティブファンド登場! | トップページ | ムサコ会に初参加! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.