« 日本のETFに対するいくつかのちょっとした不満 | トップページ | マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 »

2016年2月 7日 (日)

Fund of the year 2006 - 2016

「投信ブロガーが選ぶ Fund of the year」以外の普通の「Fund of the year」に違和感を感じている人は多いと思いますが、そのもやもや感の一つの理由が、そのファンドは長期投資で強かったのか?という視点が「不足している」・・・厳しく言えば「欠落している」ことでしょう。金融関連の会社は、みなさん長期投資を奨めているのになんだか変な話です。

で、自分で機械的にスクリーニングしてみることにしました。

Fund of the  year 2006 -2016

条件

  • 10年リターンの比較をする。
  • 10年以上運用しているアクティブファンドから選ぶ。
  • 今回は国内株式クラスのみ
  • 参考値としてインデックスとの比較を行う。
  • 比較日は今日。

つまり、この10年で優秀な成績を収めたファンドを単純にリターンだけで選んでしまおうというわけです。

モーニングスターさんは、10年リターンも見ることができるようになっているので、比較は、わりと簡単です。

結果

  • 現在生き残っている国内株式型のファンドは587本
  • うち10年以上運用していたファンドの数は333本※
  • うち268本がアクティブファンド
※ご参考:20年以上は46本。30年以上は9本です。

以下の2本の代表的ETFをリファレンスとして、これをオーバーパフォームしたアクティブファンドは、

  • 1321(日経225) 年率2.04%を超えるファンドは268本中 32本(勝率11.9%)
  • 1306(TOPIX) 年率0.01%を超えるファンドは268本中107本(勝率39.9%)

でした。

さて、この10年間を勝ち抜いたファンドは、いったいなんだったのでしょうか。どこどこどこどこ・・・(太鼓の音です)

順 位 ファ ンド名 会 社 カ テゴリー 10 年
リターン
(年率)
1 証券ジャパン日本株オープン 『愛称:きらめき』 DIAM 国内中型グロース 7.49%
2 JPM ザ・ジャパン JPモルガン 国内小型ブレンド 5.86%
3 J-Stockアクティブ・オープン 大和住銀 国内小型バリュー 5.62%
4 (セクター10) B食品、医薬品 岡三 国内中型グロース 5.56%
5 JPM・E-フロンティア・オープン JPモルガン 国内小型ブレンド 5.12%
6 三井住友・中小型株ファンド 三井住友 国内小型グロース 4.61%
7 大和住銀 日本小型株ファンド 大和住銀 国内小型バリュー 4.46%
8 三井住友・げんきシニアライフ・オープン 三井住友 国内小型グロース 4.14%
9 日興 キャッシュリッチ・ファンド 日興 国内小型ブレンド 4.05%
10 スパークス・ジャパン・スモール・キャップF 『愛称:ライジング・サン』 スパークス 国内小型バリュー 3.92%

こんな感じでした!

何の権威も賞品もありませんが、素晴らしい成績を収めた各社、各ファンドマネージャーに拍手で敬意を表したいと思います。ぱちぱちぱちぱち・・・・・。

最後にとても重要なことをお伝えしておきます。それは、

 10年前の私にこれらのファンドは選べなかった

という点です。

残念です。

それでは、また来年!See you next year!(あるのかっ来年!)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本のETFに対するいくつかのちょっとした不満 | トップページ | マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63145530

この記事へのトラックバック一覧です: Fund of the year 2006 - 2016:

« 日本のETFに対するいくつかのちょっとした不満 | トップページ | マイナンバーとマイナス金利が背中を押す金融口座の自然淘汰 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.