« 私はいったい何のために資産運用しているのだろうか? | トップページ | バンガードの経費率は下がるのに・・・ 2016も? »

2016年2月27日 (土)

たわらノーロード 新興国株式 & たわらノーロードPlus 登場!

アウター・ガイさんが、また、EDINETから、最新情報を発掘してきてくれました。

DIAMアセットマネジメントの「たわらノーロード」シリーズが拡充されます。

  • たわらノーロード 新興国株式  信託報酬 0.495%(税抜)
  • たわらノーロードplus 国内株式高配当最小分散戦略  信託報酬 0.700%(税抜)
  • たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略 信託報酬 0.850%(税抜)
  • たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略 信託報酬 0.900%(税抜)

取り扱いは、SBI証券と楽天証券。

ようやく、みなさまお待ちかねの「新興国株式」登場です。

信託報酬も、三井住友DC 0.56% 野村Fund-i 0.60%に比べて、けっこうお安くなっています。

すでに持っているこれらのファンドを買い換えるほどではありませんが、これから買うのであれば、たわらノーロード新興国株式は魅力的ですね。

さて、そして、今回、新たに登場したのが、「たわらノーロードPlus」シリーズ。信託報酬はちょいとお高めとはいえ、一昔前の先進国株式インデックス並みの水準です。

個人的にちょっと注目しているのが、

  • 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略

運用報告書を早く見てみたいですね。分配がどうなるのか?とか。

新興国株式低ボラティリティ高配当戦略は、すでに出ているこちらのファンドが同じマザー?まだ運用が短いのでなんとも言えませんが、たしかに「新興国株式のボラティリティを小さくした値動きでした。

先進国は、ちょっと見当たらなかったなあ。

---------------

それにしても、「たわらノーロードPlus」。どんどん名前が長くなっていきますねー。次は何ですかねー。

たわらノーロードPlusZ、とか、たわらノーロードSEEDとか、新世紀たわらノーロードとか・・・・。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 私はいったい何のために資産運用しているのだろうか? | トップページ | バンガードの経費率は下がるのに・・・ 2016も? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63267867

この記事へのトラックバック一覧です: たわらノーロード 新興国株式 & たわらノーロードPlus 登場!:

« 私はいったい何のために資産運用しているのだろうか? | トップページ | バンガードの経費率は下がるのに・・・ 2016も? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.