« ドルコストの利点についてまとめてみる | トップページ | 長期投資を何かに例えるとしたら・・・? »

2016年1月21日 (木)

まとまったお金をシフトするときどのくらいの時間をかけるとよいか?

まとまったお金をシフトするときと言うのがありますよね。

代表的なパターンとしては、これまで貯金はしていたけれど、一念発起「インデックス投資でも始めてみようかしら」という場合。もうひとつは、退職金をもらったけれど「運用でも始めてみようかしら」という場合。

このとき悩ましいのがどのくらい時間をかけてシフトするべきなのか?という問題です。

もちろん、正解はないと思いますし、相場の状況によって違うのでバックシミュレーションは意味がありません。

ただ、私としては、

 5年から10年かけるつもりでいいのではないか?

と思っています。

(1)リスクを急に上げるのは危険。

 これは、前回エントリーに書いたとおりです。ここが基本的な考え方。

(2)自分にマッチしたポートフォリオが体感できるには時間がかかる。

 これは、私の経験から来る実感です。

 以前のエントリー、「今から投資を始める人へ」で書いたこととかぶるのですが

  • 自分を知るには、相場の上げ下げを何度か経験する必要がある。
  • 投資に対する考え方は、そう簡単に固まるわけではない。
  • そもそも、いくら蓄財すべきかすら人生のステージが進まないとわからない。

 リスク許容度や自分の投資スタイルを知るにはそもそも時間がかかるのです。

 下落相場が来てみて、「自分の投資観がわからない」「隣の人はわかっているみたいだ」「どうしよう」とあせっている人も多いと思いますが、わからないのが普通です。

 長期投資に出遅れなし!

 あせる必要はありません。

 10年かけて良いんです。というか10年かけるべきなんです。

 あせらずじっくり資産を作りましょう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ドルコストの利点についてまとめてみる | トップページ | 長期投資を何かに例えるとしたら・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62914416

この記事へのトラックバック一覧です: まとまったお金をシフトするときどのくらいの時間をかけるとよいか?:

« ドルコストの利点についてまとめてみる | トップページ | 長期投資を何かに例えるとしたら・・・? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.