« GDP比率と株式時価比率を見比べてみると・・・? | トップページ | 株価が急落したときに考えてみても良さそうなこと »

2016年1月18日 (月)

いっぱい増えたSMTとeMAXISシリーズを見てみる

eMAXISシリーズに新ファンド追加です。

kenzさんのエントリーもご紹介しておきます。

いっぱい増えましたね〜。どうなっちゃったか、SMTシリーズとの比較で見てみます。

資 産
クラス
種 別 SMT eMAXIS
株 式 日本 日経225
TOPIX
日経400
その他   ※1
外国 先進国
米国
新興国
アジア  
全世界  
債 券 日本 日本
物価連動  
外国 先進国
先進国(ヘッジ有り)  
新興国
新興国(ヘッジ有り)  
REIT 日本 日本
外国 先進国
米国 ○new!
欧州   ○new!
豪州   ○new!
新興国
コモディティ  
バランス ※2 ※3

※1 eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス
※2 SMT インデックスバランス・オープン
※3 eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)
 eMAXIS バランス(4資産均等型)
 eMAXIS バランス(8資産均等型)
 eMAXIS バランス(波乗り型)

・・・・

 いっぱいありますね・・・・

とぼとぼ・・って感じになりました(感じ方には個人差があります)

インデックス投資のひとつの傾向として、シンプルな投資スタイルというのがありますが、これだけあると迷ってしまいます。

営業的には、商品を多品種に展開し、販路もたくさん持つことで、「より多くのみなさまのニーズにお応えする」という説明となるのかな?

先日のFOY2015の結果を見ると、そのニーズは、以下の3つに集約されているようにも見えます。

  • 外国株式クラス 超ローコストに世界分散できるファンド
  • 日本株式クラス 運用者の顔が見える、あるいはスマートベータのように投資運用ルールがはっきりしていて、ある種の合理性を持っているファンド
  • これ一本で大丈夫と言えるようなバランスファンド

1番目は、SMTやeMAXISはまさにこのセグメントを攻める商品でしたが、後続商品に肝心のコストで圧倒的に負けました。多チャンネル展開があだになっていることが危惧されます。(ニッセイさんのfoyご挨拶は「値下げはそう簡単にはできまい」と言いたげに私には聞こえました。)

こういったニーズ、SMTやeMAXISシリーズは、どう応えていくのか、応えないのか、気になるところではあります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« GDP比率と株式時価比率を見比べてみると・・・? | トップページ | 株価が急落したときに考えてみても良さそうなこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63082829

この記事へのトラックバック一覧です: いっぱい増えたSMTとeMAXISシリーズを見てみる:

« GDP比率と株式時価比率を見比べてみると・・・? | トップページ | 株価が急落したときに考えてみても良さそうなこと »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.