« 住宅ローンは何年ぐらいが妥当と思いますか? | トップページ | 2016年の日本経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く »

2016年1月10日 (日)

相場が急落したときには 2016/1

年初より、相場が急落しています。いったい何をすればいいでしょうか?

答えは3つあります。

  1. 売る
  2. 買う
  3. 何もしない

長期投資を標榜しているみなさんの答えは、おそらく、

 何もしない

です。

ベテランの間では、何もしないのが、自明の理、もはや無意識な行動になっており、話題にもされなくなっているのですが、それでも、当ブログは、しつこく、こういうエントリーを書き続けようと思ってます。

何もしないのも何なので、当ブログとしては、ポートフォリオのチェックを推奨しています。資産額の騰落率ではなく、比率の変化。

直近の比率からどれだけ変化したか? 以下は私の場合です。(本日計算したポートフォリオ)

20160110

2015年12月末→2016年1月9日の変化は、以下の通り。

  • 日本債券  44.4% → 46.0% (+1.6%)
  • 日本株式  19.1% → 18.5% (-0.6%)
  • 外国株式       26.3% → 25.1% (-1.2%)
  • その他           10.2% → 10.3% (+0.1%)

(四捨五入の関係で足し算の結果が微妙に違ってますがご容赦下さい)

おもしろいのは、その他クラスが金額的には減っているにもかかわらず相対的には比率が増えたこと。金額や騰落率で見るとがっかりしますが、ポートフォリオの比率で見るとそうでもないんですよね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 住宅ローンは何年ぐらいが妥当と思いますか? | トップページ | 2016年の日本経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/63034127

この記事へのトラックバック一覧です: 相場が急落したときには 2016/1:

« 住宅ローンは何年ぐらいが妥当と思いますか? | トップページ | 2016年の日本経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.