« バランスファンドを使えばリバランスしなくていい・・・わけでもない | トップページ | 日経225インデックスe 2016年1月8日から運用開始! »

2015年12月22日 (火)

「ドルコスト」という言葉を覚えたのはいつですか?

「ドルコスト」なる、ひときわ「あやしい」言葉。この言葉を覚えたのは、みなさんはいつだったでしょうか? 

私は、30年以上前の

 入社したとき

でした。そう、これまた、昨今、「あやしい」制度とされる社員持ち株会。これを説明する書類で登場したのでした。

 なんで円で買うのにドルなのよ?

という、ごく「フツーの疑問」が頭の片隅に浮かぶのもつかの間、私はさらさらと申込書に記入していたのでした。今で言う、「社畜モード全開」ですが、当時はそんな言葉などなく、「会社に忠誠を誓う」、それは、しごく当然のことでした。

その後、私の勤める会社の株はあるとき上昇し、私にそれなりの利益をもたらし、住宅ローン返済の一助となったのであります。

というわけで、私にはドルコストについては、実は「良い思い出」しかありません。

しかし、有名な山崎元さんのドルコストの説明を読んでいただければ、おわかりのように、私は、運が良かっただけと、今ではそう思います。山一証券さんの例を挙げるまでもなく、

 1社集中のドルコストは危険

です。ドルコストに投資先のリスクを下げる効果はありません。1社集中のリスクだけが残ります。

   ドルコストは分散投資とセット

で行いましょう。

さて、みなさんは、ドルコストという言葉を覚えたのはいつだったでしょうか?

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« バランスファンドを使えばリバランスしなくていい・・・わけでもない | トップページ | 日経225インデックスe 2016年1月8日から運用開始! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62914470

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドルコスト」という言葉を覚えたのはいつですか?:

« バランスファンドを使えばリバランスしなくていい・・・わけでもない | トップページ | 日経225インデックスe 2016年1月8日から運用開始! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.