« 低コストファンド第2ステージ 進行中 DIAMさんも!? | トップページ | 低コストファンド第2ステージ にあたっての行動指針 »

2015年11月19日 (木)

国民健康保険の軽減処理完了

本日、またハローワークに行って参りました。登録からひと月経って、はじめての失業認定日。私の場合は、会社都合退職なので給付制限期間がなく、比較的早く給付されます。

ちょうど健康保険の減免処理(これも雇用保険の受給資格者証がないとできない)の計算結果が郵送されてきたので、ついでに振り込んできました。

退職した場合、健康保険の選択肢は、普通は次の二つになります。

  • これまでの健康保険の任意継続
  • 国民健康保険に加入

国民健康保険の場合、家族の人数分かかり、かつ、前年の所得にどかんとかかるので、任意継続を選択した方が手続きも簡単だし、安くすむケースも多いのですが、私の場合、

  • 非自発的に離職された方への軽減措置

の適用を受け、前年の給与所得を30%と見なしてくれるんですね。すると、所得割の分がぐんと減って、国民健康保険の方がお得だったのです。

役所に行くとサラリーマンの場合、給与所得はばっちり登録されているのでオンラインであっという間にいくらかかるかわかりますし、自治体によっては、インターネットで自分でも概算ができます。

手続きは、うちの自治体の場合、こんな感じで進みました。

  1. 退職日の翌日、役所に行って国民健康保険に加入。
  2. この時点では、減免措置はできないので、軽減前の金額で計算。ひと月分は振り込む。
  3. 20日ぐらい経って、会社から離職票が届くので、ハローワークに登録。
  4. さらに1週間後(待機期間後)、ハローワークで雇用保険の受給資格者証が発行される。
  5. その足で、今度は、役所に行って、軽減措置を申請。その場で、軽減後の金額を計算してくれる。(ひと月分高く払った分は、そのあとの月の支払いが減って調整される)
  6. しばらくたつと、今度は、子どもの減免措置の結果が出てきて、さらに減った分の通知が来る。
  7. 以後それに基づき支払い。

あー、長かった。でも、まあ、日本は、社会保険という意味では、めぐまれた国なんだろうなあ。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 低コストファンド第2ステージ 進行中 DIAMさんも!? | トップページ | 低コストファンド第2ステージ にあたっての行動指針 »

コメント

はじめまして
私もアーリーリタイヤした者です。約3年前。
私も国民健康保険に加入しました。
軽減措置を適用してもらいました。
でも、思った以上に保険料がかかりました。
給与所得の他に所得があったためです。
任意継続すればよかったなーと後から思いました。
貴殿は大丈夫でしょうか?

投稿: taiya | 2015年11月19日 (木) 09時59分

taiya様
 コメントありがとうございます。
 アーリーリタイヤの先輩にご助言いただきうれしいです。健康保険に限らず問題はいろいろ出てくると思うのですがいろいろ経験する所存です。

投稿: NightWalker | 2015年11月19日 (木) 11時54分

こんばんは。

先日に続いてコメントさせていただきます。

先日のコメントでも少し触れていますが、
国保料(税)等の負担を減らすには、申告分離・総合課税等の申告所得を減らす必要があります。

(源泉分離の退職所得は少し扱いが異なりますが・・・。総所得金額等には含まれませんが、合計所得金額には含まれます。正規雇用だった方で、かつ年後半に退職された人には余り関係ないとは思います。)

○源泉分離課税や特定口座等の不申告の特例を活用してくださいね。
損益通算などで所得税の軽減を図って国保料(税)等の負担が増えるような本末転倒なことにならないように、事前に情報収集してくださいね。国保料(税)は料(税)率が高いですから。

○あと、住民税の特別徴収が、普通徴収に変更して、納税通知書が届くかと思います。

市町村によっては、退職者に対する住民税の減免制度を持っている場合があります。

納税通知書やHPには必ず表示されているはずですので、よく確認してください。

申請期日の制限がありますし、納付後の遡及適用は原則行われないはずですので、よくよくご確認下さい。

○そうそう、翌年以降所得がなくなった場合は、国保料(税)等の負担を減らす(=軽減制度の適用を受ける)ために、所得額「0」の申告をしてくださいね。

今は、市区町村の窓口の方も親切なはずですので、十分にご活用くださいませ。

それでは、です。

投稿: netsuhero | 2015年11月19日 (木) 20時02分

netsuhero様
 ご助言ありがとうございます。
 しかと受け止めました!
>今は、市区町村の窓口の方も親切なはずですので、十分にご活用くださいませ。
 まさにこれです。実感してます。

投稿: NightWalker | 2015年11月19日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62704617

この記事へのトラックバック一覧です: 国民健康保険の軽減処理完了:

« 低コストファンド第2ステージ 進行中 DIAMさんも!? | トップページ | 低コストファンド第2ステージ にあたっての行動指針 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.