« 国民健康保険の軽減処理完了 | トップページ | バンガードへの資金流入、過去最高ペースに 10月までに24兆円 »

2015年11月20日 (金)

低コストファンド第2ステージ にあたっての行動指針

低コストファンドの登場に対してどう対応するのか?

私の行動指針をちょっと整理しておきます。

例によって短く箇条書き。

<保有中のファンド>

  • そのまま保有。買い換えや移管はしない。
  • リバランス時には信託報酬の高いファンドから売る。あるいは、譲渡益税の支払いが少ないものから売る。
<今回大幅に安くなった(なりそうな)第2世代低コストファンド>
  • 新規購入分:第2世代低コストインデックスファンドを買う。

ある意味、原則通り。

ただし、実際にどこで何を買うかは、

 待ち

です。

私の場合、セミリタイヤでドルコストはいったん止めちゃったので、すみません、ウェイティングサークルで素振りしてます(^^;)。

第2世代低コストインデックスファンドへの実際の投資は、ファンドが出そろう来年からになりそうです。

最大ポイントは、もちろん信託報酬ですが、投信保有のポイントプログラムの扱いも、もちろん検討対象です。

各社さん、どうなるのかなー。ひさびさにわくわくしています!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 国民健康保険の軽減処理完了 | トップページ | バンガードへの資金流入、過去最高ペースに 10月までに24兆円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62709673

この記事へのトラックバック一覧です: 低コストファンド第2ステージ にあたっての行動指針:

« 国民健康保険の軽減処理完了 | トップページ | バンガードへの資金流入、過去最高ペースに 10月までに24兆円 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.