« セミリタイヤと投資の目的について - 私の場合 | トップページ | ラップ口座にそっぽ コストに敏感な“新世代富裕層” »

2015年10月 9日 (金)

VIX指数 2015/8-10 からわかる個人投資家がとるべき行動パターン。

さて、市場は、チャイナショック、VWショック と続いていますが、20を超えると市場が危ないと言われるVIX指数は、その後、どう反応していたのか見てみます。

20151009

  • なんとなくチャイナショック、VWショックに反応している
  • 急上昇して、少しずつ下降するという傾向は今回も健在

 当然ですが、未来はわかりません。

 これを見ていると、やっぱり、市場の変化に対し、「この世の終わりが来た」とばかり大騒ぎするのは、なんだかなー、ということがあらためてわかります。

 もし、この世の終わりだったらジタバタしても仕方がないし、もし、この世の終わりじゃなければ、やっぱり、じっと回復を待っていれば、いいのです。

  「達観できる」というのが、個人投資家がプロに対して有する圧倒的な優位点です。

 というか、それ以外は、プロに圧倒的に負けてます。

 プロは、こういった問題が発生した場合に、バリューチェーンの問題が自分の利害に直結します。ビジネスマンとしてみた時の私達もそうです。バリューチェーンの再構築に走らなければなりません。このブログをお読みの方の中にも、取引先や自社のサービスの関係で直接の影響を受けて奔走している方が、いらっしゃるかもしれません。

 個人投資家といえど、実際の仕事では集中リスクの高い活動をせざるを得ないわけですから、せめて、個人としての投資活動くらいは、集中リスク、短期決戦リスクを回避し、長期に構えられるポートフォリオで臨みたいですね。

 VIX指数の動きを見ていて、そんなことを改めて思った、秋の一日でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« セミリタイヤと投資の目的について - 私の場合 | トップページ | ラップ口座にそっぽ コストに敏感な“新世代富裕層” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62440126

この記事へのトラックバック一覧です: VIX指数 2015/8-10 からわかる個人投資家がとるべき行動パターン。:

« セミリタイヤと投資の目的について - 私の場合 | トップページ | ラップ口座にそっぽ コストに敏感な“新世代富裕層” »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.