« 楽天証券投信積立ランキング1位にあのファンドが登場していた | トップページ | インデックスファンドとアクティブファンドに関するわかりやすい記事のご紹介 »

2015年10月14日 (水)

SBI証券 NISA手数料 恒久無料決定!(2016年分~)

SBI証券さんからのお知らせです。

おとなNISA、こどもNISAともに無料。おとなの方は、恒久無料宣言。

囲い込みに来ましたね。

冒頭の宣伝サイトに面白い図表がありました。

NISAの口座数です。

  • SBI証券 約640,000口座
  • 楽天証券 257,562口座
  • カブドットコム証券 98,782口座
  • 松井証券 89,473口座
  • マネックス証券 非公表

(2015年3月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)

SBI証券調べなのに、約64万口座とカウントがアバウトです(笑)。

ただ、今年からNISA口座の変更が可能になりました。

SBI証券強し。来年もこの勢いが続くのか?(2015年8月で約70万口座と増えているそうです)

勢いを続かせるための施策のひとつが、今回の「恒久無料化」と思われます。

私もSBI証券さんをメインとしている関係上、NISAもSBI証券さんなのですが、「一強状態」が果たして消費者にとって喜ばしいことなのか?

そんな中、最近、ローコストDC専用ファンドの一般売りを決断した楽天証券さんに心惹かれる今日このごろです。

来年のNISA口座、どうしよーかなー。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 楽天証券投信積立ランキング1位にあのファンドが登場していた | トップページ | インデックスファンドとアクティブファンドに関するわかりやすい記事のご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62475090

この記事へのトラックバック一覧です: SBI証券 NISA手数料 恒久無料決定!(2016年分~):

« 楽天証券投信積立ランキング1位にあのファンドが登場していた | トップページ | インデックスファンドとアクティブファンドに関するわかりやすい記事のご紹介 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.