« SBI証券 NISA手数料 恒久無料決定!(2016年分~) | トップページ | 住宅ローンとけりをつける »

2015年10月15日 (木)

インデックスファンドとアクティブファンドに関するわかりやすい記事のご紹介

「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさんです。

もしご覧になっていない方がいらっしゃれば、ぜひ、ご覧ください。

現時点での様々な情報が論理建てて整理された「力作」です。

非常に勉強になります。

私もちょっと注目した話(こちらのエントリーでご紹介)もとりあげられていますが、さすが水瀬さん。いろいろな視点から構成された説明になっております。

私のアクティブファンド観は、

  • インデックスファンドとアクティブファンドは、「持ちつ持たれつ」「共存共栄」の関係にある。
  • 勝率30%というのは、3人に1人は勝っているということでもある。これは、けっこうな勝率とも言える。ただし、毎年乗り換えていると勝ち続けるのが難しくなるので長期指向のアクティブファンドが望まれる。
  • ローコスト長期指向のアクティブファンドがもっと増えるべき。

こんな感じです。

ついでにいうと

  • 日本版ウェルズリーインカムファンドのようなローコストアクティブファンドがほしい(笑)。

ウェルズリーインカムファンドは、日本では、もとのエクスペンスレシオに加えてマネックス証券が年0.6%も持って行ってしまいますが、もとのエクスペンスレシオは、年0.25%(2015/9月)とかなりお安いのです。

ひふみ投信さんに注目が集まるのも、こういったニーズが作用しているのではないかとも思ってます。

我が国の投資市場の多様化と活性化と、ローコスト化を願ってやみません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« SBI証券 NISA手数料 恒久無料決定!(2016年分~) | トップページ | 住宅ローンとけりをつける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62478455

この記事へのトラックバック一覧です: インデックスファンドとアクティブファンドに関するわかりやすい記事のご紹介:

« SBI証券 NISA手数料 恒久無料決定!(2016年分~) | トップページ | 住宅ローンとけりをつける »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.