« インフレが来るから投資しろという話 | トップページ | 「お金に働いてもらいなさい」 »

2015年10月28日 (水)

自分退職金

よく「終身雇用の時代は終わった」という記事がありますよね。

これ、正確には、「終身雇用が終わりつつある」というのが、正しいと思っています。

そんなご時世の中、ご時世の波に揺られ、私は、こういうことになってしまいましたが、まだ良かったのは、終焉過渡期であるがゆえのありがたい制度が存在したことです。

それが、早期退職優遇制度。

ただ、この制度、企業としてみたら、お得とはいいづらい。今後自然消滅する可能性大とみています。(もともと、そんな制度はない会社が多数ですし)

どういう経営手法が登場するかはわかりませんが、高度成長期の残像である終身雇用は、時間をかけて終焉に向かっていきそうな気配です。

こういう会社のある意味厳しい仕打ちに対して、宮仕えの身としてどうするか?

古来より、こんな場合、

  • 「こ、こんな会社辞めてやるー!」
  • 「こ、こんな会社利用してやるー!」

と大きく二つあります。

どちらを選ぶかは、個人の自由です。私は、最後の最後で前者になりましたが、30年以上、後者を選んできたわけで、ふんばるだけはふんばってきました。(がんばった、とはいいません。ふんばるです(笑))

ただ、どちらを選ぶにしても、普通の退職金を当てにできた時代も、終身雇用とともに少しずつ終焉を迎えそうな気がします。

普通の年金を当てにできなくなった「自分年金」だけではなく、蓄財の目的として、 より切実に「自分退職金」が対象となる時代になってきた、そんな感じなんですかね。(結果的に私はそんな感じです)

もちろん、「自分年金」であれ「自分退職金」であれ、お金に色はないですから蓄財したお金を何に使うかは「ひとそれぞれ」です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« インフレが来るから投資しろという話 | トップページ | 「お金に働いてもらいなさい」 »

コメント

「こ、こんな会社利用してやるー!」
これをもっと早く気がつけば良かった、会社は最初から社員を利用してやるなのに。

頑張ってはいけない、踏ん張る。これも気がつくのが遅かった。

投稿: | 2015年10月28日 (水) 16時09分

?様
 コメントありがとうございます。
 「がんばる(Work Harder)」は、長続きしないと割りと早く悟っちゃったんですよ。投資と同じなんです。でも「ふんばり(Hold on) 」は必要です。でないと、やっぱり長続きしないので。これも投資と同じです。

投稿: NightWalker | 2015年10月28日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62559634

この記事へのトラックバック一覧です: 自分退職金:

« インフレが来るから投資しろという話 | トップページ | 「お金に働いてもらいなさい」 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.