« 家族の健康が最大の資産ということを改めて考えてみる。 | トップページ | 「ほったらかさない思考」の勉強も必要です。 »

2015年10月19日 (月)

銀行に預けても大丈夫な時代かもしれない

かつて一世を風靡したこの一冊。

2007年11月発売後、ほどなくしてリーマンショック。当時、銀行に預けてた方がましだったなどと揶揄されたりもしたのですが、その後は、株価も復活してめでたしめでたし、というところなのかな?

その「預けるな」とまで言われてしまった銀行、私も完全にアウト・オブ・サイトだったため、最近よくわかってませんでした。で、久しぶりに銀行の投資信託サービスを見てみました。すると、、、、

 

なんと!ほとんどの銀行で、

  • ノーロード低信託報酬のインデックスファンドが買える

ではありませんか!

先日、下記エントリーで

超シンプルな投資法のお話を書きました。インデックスファンドと普通の貯金をただただ積み立てるだけというヤツです。

これを実践するに当たって、さて、

 「どこの証券会社にしようかなー」

 「そういえば、昔、子ども名義でマネックス証券に口座開設してあったなー」

 「NISAどうしようかなー」

などと考えていたのですが、こんだけシンプルな投資法だと、

  • 銀行でもいいじゃん

と言う、およそ、頭の固まった私のような投資ブロガーには思いつきもしないことに今更気がつきました。

  • 歩いて10分の地銀だって大丈夫

 です。(既に開設済みのこどものバイト代口座でオーケー)

よく銀行はNISAに不向きなどと言われておりますが、株や債券、ETFがどうした!商品が少なくても本命のインデックスファンドがあるじゃないか!と割り切れば、いいだけの話だったんですね。

そのうち、株に興味を持てば、証券会社にNISAの口座、変えればいいんだし、、、、というか、ウチのムスコ、株になんて当分興味を持ちそうもなさそう(^^;)。

妻と親子で、究極のほったらかし投資家になれるかもしれません。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 家族の健康が最大の資産ということを改めて考えてみる。 | トップページ | 「ほったらかさない思考」の勉強も必要です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62509832

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行に預けても大丈夫な時代かもしれない:

« 家族の健康が最大の資産ということを改めて考えてみる。 | トップページ | 「ほったらかさない思考」の勉強も必要です。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.