« 平均で考えて良いケースと良くないケース | トップページ | ウエルズリーインカムファンド 2015/8 »

2015年8月16日 (日)

VIX指数は語る 2015/08

世間は、ギリシャが終わったかと思うと、今度は中国がいよいよ崩壊だと、ということで、相場も影響を受けています。

ところで、通称、恐怖指数。VIX指数は、どんな感じなんでしょうか?

久しぶりに見てみます。さぞや、大騒ぎ?

20150816

あれ? 

    シーン

と いう感じですね。

VIX指数の平均は、1990/1〜現在までで、19.8。約20です。

20より大きいと、市場がやばい、と言われていますが、割と安定しています。(VIX指数は、急激に変化する傾向もあって。だから、大丈夫とは言い切れませんが)

どうやら、恐怖指数の神さまは、ギリシャ中国にはあんまり、ご関心がないようです。

いちおう、長期では、こんな感じ、

 

201508162

ギリシャ(=ユーロ)と中国の問題は、

 

  1. 財政が分離している国家間で統一通貨は共存できるか?
  2. 一党独裁の共産主義体制と市場経済は共存できるか?

 

 というテーマに対する、壮大な実験の結果がどうなるか?

 上記に、仮に経済的合理性がなかったとしても、だめ出しには、時間がかかります。

 

一党独裁の共産主義体制と計画経済の共存についても、だめ出しが出るまでにも何十年もかかってますから、実験結果が出るのは、今すぐかもしれないし、あと何十年も持つかもしれません。

民主主義+自由経済だって、ほんとに安定しているかはわかりません。

 

これらは、政治権力の課題であり、国家権力はある意味何でもありなので、どんな政治的手法を使ってでも、必死に守ろうとするのですから、そう簡単には、こけないような気もします。

てなわけで、一庶民としては、あれこれ考えず、ドンと構え、地道に資産配分のチェックです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 平均で考えて良いケースと良くないケース | トップページ | ウエルズリーインカムファンド 2015/8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62095896

この記事へのトラックバック一覧です: VIX指数は語る 2015/08:

« 平均で考えて良いケースと良くないケース | トップページ | ウエルズリーインカムファンド 2015/8 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.