« 1928-2015 ダウ平均 の長期推移 | トップページ | VIX指数 急上昇! 2015/8 »

2015年8月19日 (水)

下がっていく独立投信の信託報酬 ー夜明けの始まり   になって欲しい。

竹川美奈子さんのブログに、セゾン投信とひふみ投信の独立投信の信託報酬が低減するとのエントリーがありました。

水瀬さんも取り上げていらっしゃいますね。

せっかくですので、お二方の著書をご紹介↓

それぞれ以下のようになります。

  • セゾン・バンガード:0.74%±0.03%/年→0.69%±0.03%/年(ともに概算)
  • ひふみ:1.0584%→0.9504%

両社の事情はちょっと異なります。

  • セゾンは、FOFの投資先のファンドの信託報酬の低減によるもの
  • ひふみは、元々の公約である資産総額の増加によるもの

です。

ともあれ、朗報です!

普通の投信さんだったら、単に投信会社側の利益が増えてラッキーなだけで、投資家に返ってくることは少ないですからね。

(もちろん、独立投信でも、がっちり、信託報酬を下げないところもあります。)

セゾンさん、ひふみさん、ありがとうございました。

とは言え、致し方のないことですが、両社とも今となっては高めの信託報酬率です。(10年前だったら、かなりのローコストなんですけどね。)

そして、バンガードがインデックス投信の信託報酬を下げてきた構造とはやはり異なります。

  • バンガードは、ファンド所有者が株主のような構図のため、ファンドへの投資家利益(ローコスト化)と株主利益が一致する。
  • バンガードは、数千倍の資産規模。スケールメリットが大きい。(アクティブファンドは、そんな規模になったら、インデックス化します(^^;)。)
  • バンガードは、基本、FOFではないので、二重コスト構造はない。

日本のバンガードが生まれるには、もう少し、時間がかかりそうです。

  • 特定販売ルートしか認めない確定拠出年金は公正取引法で規制し、一般売りを義務化する。

などの政策でもあれば、確定拠出年金用ファンドのM&Aも進んで、野望に近づくような気もするのですが、日本の未来はどうなんでしょうかね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 1928-2015 ダウ平均 の長期推移 | トップページ | VIX指数 急上昇! 2015/8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62115757

この記事へのトラックバック一覧です: 下がっていく独立投信の信託報酬 ー夜明けの始まり   になって欲しい。:

« 1928-2015 ダウ平均 の長期推移 | トップページ | VIX指数 急上昇! 2015/8 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.