« 2015/7末のポートフォリオ | トップページ | VIX指数は語る 2015/08 »

2015年8月 9日 (日)

平均で考えて良いケースと良くないケース

世の中、平均と言う言葉は良く出てきますが、平均で考えて良い場合とあんまり良くないのではないだろうかと思う場合の二つがあります。

良い場合は、たとえば、

  • インデックス投資

です。(さすがインデックス投資ブログ(^^;))

一方、あんまりよろしくないと私が思っているケースは、

  • 平均寿命(平均余命)

人間は何歳まで生きるかわかりません。それ以外にも、

  • 平均年収
  • (老後の)平均支出
  • 平均貯蓄

  ・・・・・・・・・・・・などなどなど。

 これらの数値は、ライフプランのモデルケースとしてよく使われることもありますし、それはそれで良いのですが、時に必要以上の危機感を煽るような記事や、特に金融商品を売りたい人や、そういったみなさまがスポンサーのメディアの発信だったりする場合は要注意です。

 

  • 人間の豊かさや生活は平均では語れない

 

 のです。

 これは、ファイナンシャルアドバイザーやプランナーの仕事にも言えます。

 もし、一般論で語れるなら、こういった仕事の活躍の場は狭くなります。

 「ひとそれぞれ」の部分(往々にして、平均より小さい場合)をどうポジティブに語り、どう豊かなものとできるか、これをクリエイティブに提案できるかどうかが、アドバーザーやプランナーの役割であり、そして、他ならぬ我々自身に必要なことなのです。

 平均指向(と言うかそのもの)のインデックス投資はそのための手段の一つなのですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 2015/7末のポートフォリオ | トップページ | VIX指数は語る 2015/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/62047561

この記事へのトラックバック一覧です: 平均で考えて良いケースと良くないケース:

« 2015/7末のポートフォリオ | トップページ | VIX指数は語る 2015/08 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.