« セゾン・バンガード・GBF、純資産残高1,000億円を突破 | トップページ | ギリシャ 2015 »

2015年6月24日 (水)

『私の履歴書』に出た企業

山崎元さんです。

 岡三証券のシニア・クオンツアナリスト栗田昌孝さんが発表したレポートによると、なんと、

  • 日本経済新聞の「私の履歴書」に経営者が出ると2年後にその会社のROEが低下する。

 と言うのです。これはすごい発見(笑)。こういうアノマリーは、わりと好きです。

栗田氏はこの現象を「『私の履歴書』の呪い」と名付けた。

 そうです。こういうネーミングもわりと好きです。

 山崎さんは、いろいろな視点から分析されているのですが、気になったのはこの一文。

今後、各社が気をつけるべきは、設備投資に加えて、M&Aだろう。短期間でシェアを買うことができるし、成功すればいかにも経営者の手柄に見えやすい。しかし、買収は高値で行いがちだし(ちなみに買収競争の勝者が高値で買ってその後に苦労する現象は「勝者の呪い」と呼ばれている)、買収した企業の経営は簡単ではない。

 鋭いなー。

 株主様のために成長を目指す企業は、グローバル水準にふさわしい収益力向上をめざし、収益性の低い事業を売って、勝負どころの事業に集中したり、高成長とみんなが期待している新分野に参入しようとしたりします。

 まあ、景気が悪いときは、安定した収益源も重要という経営者も多くなったりするので、時と場合によりにけりではあります。

 インデックス投資家が好きな考え方の一つに、負けるものあれば勝つものあり、というのがあります。

 とすると、私の履歴書に取り上げられない企業はがんばっていたのかもしれません。

 でないと、昨今の株価の上昇は説明つきませんからね。

 そういう意味で、玉石混こう投資のインデックス投資家としては長期的に見れば大丈夫な気もしますが、時価総額の大きな企業が影響受けると痛いですね(^^;)。

 永遠に続くアノマリーはないはずなので、いつかこの呪いが消えることを祈りたいものであります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン・バンガード・GBF、純資産残高1,000億円を突破 | トップページ | ギリシャ 2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/61789485

この記事へのトラックバック一覧です: 『私の履歴書』に出た企業:

« セゾン・バンガード・GBF、純資産残高1,000億円を突破 | トップページ | ギリシャ 2015 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.