« 資産形成の方程式をあらためて考える | トップページ | 東証一部 時価総額 の長期推移 1949-2015/5 »

2015年5月25日 (月)

5月のアノマリー

「株は5月に売れ」

"Sell in May and go away. But remember come back in September"

といいます。最近絶好調の日経平均はどうなんでしょうね。

4月末から5月末の日経平均のリターンの度数分布です。(1950〜2014)

20150525

平均すると、0.05%のリターンです。

うーん、微妙(笑)。9月からのリターンで見るべきかな、、、と思いつつ、やめました(笑)。

大事なのは、

  資産配分のレンジ

でしたね。(+定期的なリバランス)

そうそう、だいぶ昔にも取り上げましたが、マーク ・トウェイン(1835-1910)の言葉もありました。

10月。株に投資するには最も危険な月の一つだ。それ以外の危険な月として、7月、1月、9月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月がある。

"October. This is one of the peculiarly dangerous months to speculate in stocks. The others are July, January, September, April, November, May, March, June, December, August, and February."

危ないですね。実に危ない。

「マークトウェインの時代には、モダン・ポートフォリオ理論は、なかったんだなあ」などと思いつつ、自分のポートフォリオの資産配分の変化に思いを寄せる5月末なのでありました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 資産形成の方程式をあらためて考える | トップページ | 東証一部 時価総額 の長期推移 1949-2015/5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/61644894

この記事へのトラックバック一覧です: 5月のアノマリー:

« 資産形成の方程式をあらためて考える | トップページ | 東証一部 時価総額 の長期推移 1949-2015/5 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.