« 日経平均のリターン分布から長期投資を考える(1) | トップページ | 祝日経平均20,000円台突破 今はバブルなの? »

2015年4月 5日 (日)

日経平均のリターン分布から長期投資を考える(2)

続きです。

今度は、10年でも期間によって変わるだろうという視点。

<1985-1994>バブルを挟んだ10年

20150405_1985_1994_2

<1990−1999>バブル後の10年

20150405_1990_1999_2

 違いますねー。

 どちらもなんとなく正規分布感は出ています。

 違うのは、中央値。ずっとリターンが低い10年は存在する(した)ということです。

 以上、長期投資だから大丈夫という、考え方の危険性に関する再確認でした。

 投資にかかわる当ブログの心構えを今一度整理します。

  • 株式市場も世の中もリスクに満ちていて、計算は不可能。
  • 少なくとも10年後を考える必要はあるが、長期投資(やドルコスト)がリスクをなくすわけではない。
  • 目的がリタイヤ資金の形成でありインフレリスクもあるため、長期投資をせざるを得ない。
  • サラリーマンなので一気に投資はできないのでドルコスト(積立)で蓄財せざるを得ない。
 世の中と人生はどうしたってリスクに満ちています。リスク分散が重要です。
  • リスク低減の基本は長期投資ではなく分散。
  • ことにキャッシュ性資産含む債券比率の制御(リバランス)が重要。
  • コストが重要。

 結局これしかないのです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 日経平均のリターン分布から長期投資を考える(1) | トップページ | 祝日経平均20,000円台突破 今はバブルなの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/61392521

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均のリターン分布から長期投資を考える(2):

« 日経平均のリターン分布から長期投資を考える(1) | トップページ | 祝日経平均20,000円台突破 今はバブルなの? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.