« こういうときにチェックすべきこと | トップページ | 2014/12末のポートフォリオ »

2014年12月21日 (日)

経済の変化

日経新聞さんです。

最近、ひょっとすると、経済は大きな変換点を迎えているんじゃないのかな、と思うことがあります。

冒頭の記事のような、人件費の相対差によって成立していた産業構造の変化もですが、

  • 労働構造の変化(3Dプリンタ、IoT、車の自動運転などの技術革命は労働生産性に大きな影響を与える)
  • エネルギー需給構造の変化(原油一辺倒から多様化へ)

などなど気になったりすることもあります。

これらは、国家間の対立などの政治的要因に起因していそうなもの多いですが、本ブログの守備範囲である投資分野にもいろいろ影響のありそうなことがらです。

なにしろ、本ブログのテーマは長期投資なので、短期的な課題はいいのですが、長期的な変化は重要です。

こういう変化点を迎えているとき、投資において、すごく重要なポイントは何か。

そうです。

 分散

です。

1989〜1990年のバブル崩壊以降、日本の一人負け状態が長らく続いたおかげで学ぶことができた重要な考え方が、分散投資の重要性でした。

どの国の市場やどの資産クラスが伸びるのか?、新しいイノベーションを起こす新興企業はどこか?

私には、わかりません。

わかった場合の良い方法は、集中投資です。そして、最も良い方法は、自分で会社を作って成功することです・・・・・・が、

私にはできそうもないなー(^^;)

しかし、資本主義が上手く作用すれば、全部負けるというわけではなく、どこかが勝ち、どこかが負ける状態は続くはずです。分散投資は、そんな私にもできる時代の変化に自動追従する投資方法なんですね。

そのときそのときでは平均点しか取れませんけど、長い時間の中で生き延びることが重要なのです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« こういうときにチェックすべきこと | トップページ | 2014/12末のポートフォリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/60842700

この記事へのトラックバック一覧です: 経済の変化:

« こういうときにチェックすべきこと | トップページ | 2014/12末のポートフォリオ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.