« ブログのご紹介 | トップページ | Rydex S&P Equal Weight ETF  対 普通のS&P500 »

2014年8月24日 (日)

ウエルズリーインカムファンド 2014/8

久しぶりに連投です。虫取り小僧さんから昨日リクエストがあったので(ありがとうございます)、1年ぶりのアップデートです。

私が、いまだに長期投資の基本だと思い所有している「ウエルズリーインカムファンド」(古くからの読者のみなさん、まだ保有してるんですよ〜!)とS&Pの比較です。

 Vanguard Wellesley Income Inv (VWINX) とVanguard 500 Index Investor (VFINX)を比較してみます。  

 ドルベース Ajust Close値の比較  です。1980〜2014/8

20140824

 

 S&P、猛追です。

リーマンショックもなんのその。100年に一度って何だったんだ(笑)。

 さて、それをさておいても、このファンドの長期にわたる堅調ぶりに学ぶことは多いと思います。

  • 株式と債券は投資の基本。
  • インカムゲインは投資の基本。(配当し続けられる会社と国は強い)
  • アクティブだって、ローコスト(日本では高いけど(^^;))

米国金融市場の成熟に支えられている側面もあるかもしれません。

これを自身の資産運用指針に反映させるべく、インデックス投信を組み合わせたカウチポテト+世界分散+高配当少々というポートフォリオに至っているという側面はあります。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ブログのご紹介 | トップページ | Rydex S&P Equal Weight ETF  対 普通のS&P500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/60204007

この記事へのトラックバック一覧です: ウエルズリーインカムファンド 2014/8:

« ブログのご紹介 | トップページ | Rydex S&P Equal Weight ETF  対 普通のS&P500 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.