« NISA枠 いきなり3倍増!? | トップページ | よくわからないものへの投資 »

2014年5月 1日 (木)

2014/4末のポートフォリオ

2014/4末のポートフォリオです。

20140430

体勢に大きく影響はありませんが、外国株が堅調な感じです。

日本株は、軟調ですねー。

以下、つらつら、雑談。

個人的に感じているのは、金融緩和政策と経済成長戦略がかみ合っていないのかな?ということ。

 日銀金融緩和→銀行→国債

この流れが変わらないとすると、金融緩和で実際にまとまったお金が回るのは、公共事業と銀行自体の設備投資ばかりとなります。実際、土木や金融システム開発の仕事は増えているけど労働者が足りず、企業も将来を考えると労働力をむやみに増やせない。そんなジレンマがあるようです。

じゃ、労働力が将来的に不足する日本の企業が目指す成長政略は何かというと、いわゆるグローバル。

一昔前は、グローバル=輸出産業 だったのですが、いまや、グローバル=地産地消型に急速に構造転換しようとしています。グローバルでの勢力拡大で海外資産を安く買うためにも、今は、実は、「円高」「デフレ」の方が有利なわけです。財界の人はホントはそう思ってても、こわくて誰もいえないですけどね(笑)

これは、私の投資戦略も一緒の方向性なわけで、ある意味、ポジショントークではあります(笑)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« NISA枠 いきなり3倍増!? | トップページ | よくわからないものへの投資 »

コメント

企業の成長には確かにグローバルですけど、そうなるともはや日本という国に縛られる必要はなくなりますよね。
むしろ日本という縛りがない方が企業にとっては有利であり、成長しやすい環境を求めて日本を捨てるという選択肢が最適かも…となると話が終わるので日本でどうにかならんか?となれば競争力を付けるために生産性をひたすらあげるしかないですね。

政府において何年も前から毎年のように、おそらくは来年も5年後も繰り返されるであろう構造改革や規制緩和というフレーズの「成長戦略」が小手先で効果が乏しい。平たく言えばズレている。
最も効果的なのは誰もがわかってはいるけど既得権益を侵すゆえに なかなか実現できない「雇用と貿易の自由化」。
本気で生産性を上げるにはコレしかないかと。

投稿: ノルン | 2014年5月 3日 (土) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/59561412

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/4末のポートフォリオ:

« NISA枠 いきなり3倍増!? | トップページ | よくわからないものへの投資 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.