« 長期投資とはいったい何年なのか? | トップページ | 自己資本について考える »

2014年3月23日 (日)

投資をするべきではないというファイナンシャルプランナー

 ファイナンシャルプランナーにもいろんなタイプの方がいます。

大きく分けると

  • 投資に積極的なタイプ
  • 投資に消極的なタイプ

 の二つのタイプがあります。

積極的すぎるファイナンシャルプランナーはよく話題になりますが、消極的すぎる、投資をするべきではないというファイナンシャルプランナーの方もいらっしゃるようで、こちらもちょっとだけ気になります。

当ブログは、

  • 投資を、リスクレスで、国なり企業なりに代行してもらえた時代は、終わった
  • 庶民も投資をせざるを得ない

という立場ですので、これはこれで、どうかなと思うわけです。

投資に消極的すぎるFPさん・・・・・うーん。

いくつかのパターンがあります。

  • アベノミクスで株が上がりすぎた。今買うべきではない。(これは投資積極派か(^^;))
  • FPとして勉強のため投資をしてはみたが失敗した。(挫折派)
  • デフレはずっと続く。今はちょっとおかしい。 (経済展望型)
  • 投資はバクチだ。まっとうな庶民にはオススメできない。(リスク拒絶型?)

一理あります。

ありますが、やはり、助言を受ける側としては、フラットな目線が重要です。

投資家もファイナンシャルプランナーの助言を鵜呑みにするのではなく、いろいろなご意見を尊重しつつも自分の目線をしっかり持っていなければ行けないですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期投資とはいったい何年なのか? | トップページ | 自己資本について考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/59217798

この記事へのトラックバック一覧です: 投資をするべきではないというファイナンシャルプランナー:

« 長期投資とはいったい何年なのか? | トップページ | 自己資本について考える »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.