« 投信費用、日本も下げられる 米バンガードに学ぶ | トップページ | 長期投資の極意 »

2013年11月20日 (水)

カンボジア

内藤忍さんのブログです。

ニューフロンティア メコン地域には、近頃、注目が集まってますね。

Jetroのホームページで、こんなレポートを見てみたりすると、新興国といっても、十把一絡げにはできないことがわかります。新興国の間でも、賃金など大きな経済ギャップが存在しているんですね。

新興国市場って、最近は、なんとなく次の三つのカテゴリーに分けられて語られることが多いような気がします。

  1. エマージング市場
  2. フロンティア市場
  3. フロンティア市場予備軍

カンボジアは、3番目なのかな?

1番目とか2番目は、割と簡単にETFなどで投資できそうですが、3番目は難しそうな感じです。

どうすればできるか、、、、、、

  やっぱり、現物投資ですね!!!

・・・・・・いやいや(^^;)

・・・・・・仕事ならともかく、個人投資レベルでは苦しいです。

  ドルコストできないし(笑)

というわけで、私はペーパー投資可能な世界にとどめておきます。

私自身は、直接投資はできませんが、カンボジアのようなこれから発展していく国って、魅力的ですよね。

どんな未来が待っているのか?

そういう夢想もときには必要なのかもしれません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 投信費用、日本も下げられる 米バンガードに学ぶ | トップページ | 長期投資の極意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/58614143

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア:

« 投信費用、日本も下げられる 米バンガードに学ぶ | トップページ | 長期投資の極意 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.