« 2013/10末のポートフォリオ | トップページ | マネックス証券の米国株特定口座対応 »

2013年11月 8日 (金)

待機資金について考えてみる

 投資のコツとして、待機資金を持っておけと言うような助言を見かけます。

 投資資金とは別にいざというとき(例えば、相場が急落して、買いたいとき)のために別管理でキャッシュを持っておくという考え方です。

 なかなか、いい考え方ですが、当ブログとしては、

  • 待機資金はポートフォリオに組み込んでおけ

 という立場です。

 別管理する必要はありません。

  • キャッシュポジションが全体のどのくらいの割合か?
  • 全運用資産がどのくらいのリスクを持っているのか?

 きちんと把握しておくべきではないかと考えています。

 この考え方を突き詰めていった結果、カウチポテトポートフォリオに至ったわけです。

 一見、リスクをいっぱい取っているかに見える人でも、全体で見たらそうでもなかったりする、ということもあるかもしれませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 2013/10末のポートフォリオ | トップページ | マネックス証券の米国株特定口座対応 »

コメント

ブロ主さんの「待機資金もポジションに組み込んでおく」に一票。内外株式インデックスと国債等に積み立て、状況に応じてリバランスを行うのだからキャッシュで待機資金を置いておく必要性が感じられない。運用は時間も味方に(上手くいくかは別にして)と考えてますし、何時が買いのチャンスだなんてことは私には判りませんので。また、藤巻健史氏の言う円安、株安、債権安のような絶望的状況(本当にこんなことが起こるのか疑問ですが)でも投資を続けるのであれば今のスタイルで十分。リバランスで対応できれば良し、出来なくてもリスクは納得の範囲でとっていますから。

投稿: obk3 | 2013年11月11日 (月) 01時16分

ポートフォリオにMRFも入れとけってことですよね。

投稿: nira | 2013年11月12日 (火) 12時31分

みなさまコメントありがとうございます。ご返信遅くなってすみません。

>obk3様
 リバランスのベースにある全体としてのリスク管理が重要だと思ってます。

>nira様
 はい、そういうことです。
 ただし、待機資金の運用にもよりますよね。
 たとえば、相当な金額を銀行口座に休眠させているような場合は、MRFだけではなく銀行預金も勘定に入れるというようなことも含まれてます。

投稿: NightWalker | 2013年11月16日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/58528117

この記事へのトラックバック一覧です: 待機資金について考えてみる:

« 2013/10末のポートフォリオ | トップページ | マネックス証券の米国株特定口座対応 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.