« カンボジア | トップページ | 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 »

2013年11月25日 (月)

長期投資の極意

ニューヨークダウがとうとう16000ドル突破しました。

もう限界?

いやいや、バフェットさんはまだ買ってます、というような記事がありました。

日経さんです。

株式投資の神髄とは、企業が長期にわたりキャッシュを生み出す力と、株主への配分姿勢を冷静に見極める点にある。

まさにそうなんです。

しかし、その企業がどこなのかよくわからない場合、あるいは、調べるだけの時間とコストがない場合、どうすべきか?

バークシャーを買うというのも一つの手なのかもしれませんが、バークシャといえど一企業。

やはり普通の人にとっては、インデックスファンドが良い選択なのです。

市場全体であるインデックスファンドは、株式会社そのものが消滅しない限り、ずっとキャッシュを生み出し続けてくれます。

ところで、ニューヨークダウは、どこまで上がるのでしょうか?

それは、わかりませんが、ポートフォリオの比率はわかるはずです。

自分自身が決めたレンジを越えてないか? 今年に入ったあたりから、同じことをずーーっと言い続けていますが、ぜひぜひチェックしてみてください。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« カンボジア | トップページ | 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 »

コメント

明らかにバブルに向かって突き進んでいますね。
只、これは以前にもあったことです。
ちょうどインデックス投資が注目されてきた2007年とか、ITバブル前の1999年初頭とか・・。
バフェットは株式ばかりに注目がいきますが、ジャンク債とか銀とかで儲けた話もありますね(一番の成功は買収でしょうけど)

投稿: 預金王 | 2013年11月25日 (月) 22時16分

預金王様
 コメントありがとうございます。
 バブルは常に発生し、そのたびにこけてきました。
 だからダメなのではなく、それをいかに利用するかが長期投資の最重要課題なんですよね。

投稿: NightWalker | 2013年11月28日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/58638936

この記事へのトラックバック一覧です: 長期投資の極意:

« カンボジア | トップページ | 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.