« ネット証券NISA秋の陣 だまってませんでした!! | トップページ | 為替ヘッジ付きインデックスファンド »

2013年9月15日 (日)

STAMシリーズ(現SMTシリーズ)に見る日本株と外国株の軌跡

ローコスト・インデックス・ファンドの代表選手と言っていい、STAMシリーズ(現SMTシリーズ)が設定されてからかれこれ、5年以上がたっています。

その軌跡を値動き面で見てみたいと思います。

日本株と外国株の比較です。

20130915

サブプライムの洗礼を受けたその変遷がわかります。

ここでわかるのは、過去5年、

  • 日本株と外国株は似たようなものだった。

ということ。

日本株は、現在のところ外国株より悪いパフォーマンスに見えますが、期間によっては異なるので、これだけでは今後を占えません。

ただ、日本株と外国株の分散比率は、リバランスがベースにあるなら、それほど、マニアックに追求する必要はないような気もします。

ともあれ、世界分散は、必須ですね。

 

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ネット証券NISA秋の陣 だまってませんでした!! | トップページ | 為替ヘッジ付きインデックスファンド »

コメント

相関係数は不安定ですし、期待リターンもリスクも正確なところはわからないわけですから、分散比率の細かな違いに拘ってみてもあまり意味がないのかもしれませんね。
それより、リスク資産と無リスク資産の比率(あるいはリスク資産の投資金額)の方がはるかに重要であると思います。
あと、日本株と組合わせるのは、為替ヘッジをするタイプの外国株インデックスファンドの方が、リスク、相関係数の点でわずかに優位性がある気がします。

投稿: dell | 2013年9月16日 (月) 00時53分

dell様
 コメントありがとうございます。
>相関係数は不安定ですし、期待リターンもリスクも正確なところはわからない
 そうなんですよね。

投稿: Nightwalker | 2013年9月16日 (月) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/58200288

この記事へのトラックバック一覧です: STAMシリーズ(現SMTシリーズ)に見る日本株と外国株の軌跡:

« ネット証券NISA秋の陣 だまってませんでした!! | トップページ | 為替ヘッジ付きインデックスファンド »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.