« 高コストの投信はいつか激減する | トップページ | グローバル企業からお金をもらう正しいやり方 »

2013年7月 9日 (火)

ガラパゴス金融商品の行く末

前エントリーで、投信コストのガラパゴスをお伝えしましたが、まだあったようです(^^;)

水瀬さんのエントリーです。

株主優待制度は、私も、できればなくして、その分、少しでも配当に回して欲しいと思っているクチです。

もしも、ETFに優待制度があったらうれしいんですかね?

うーーん、どうなんでしょう。

 

さて、他にも金融業界は、ガラパゴス的な商品で満ちあふれています。

例えば、磁気カード。

日本の独自規格がありますね。

例えば、非接触型ICカード。

日本の独自規格ですねー。しかも、いろんなフォーマットが乱立。

たしかに、独自規格の存在は、小さな島国の中では、一時的には生き残りの戦略になるのかもしれません。

時には、新しい市場を立ち上げる推進力になるのかもしれません。

しかし、それは未来永劫いつまでも続くのでしょうか?

グローバルな展開に積極的とは言えず、たこつぼ的な世界で日々、悪戦苦闘していた国内の携帯電話メーカーが、今、どういう状態になっているか?

金融業界には、大所高所から経済を評論しているような方が、たくさん在籍しています。

私ごときが、えらそうに言う話ではありませんねm(__)m。

でも、何もしなければ、いつの日か、外国製の金融商品が国内を席巻し、住む場所がなくなってしまうかもしれません。

誤解のないように言っておきますが、私は、国産金融商品を応援したいのです。

グローバルの舞台でも戦えるメイド・イン・ジャパンのインデックスファンドを作ってくれるその時を心待ちにしているのです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 高コストの投信はいつか激減する | トップページ | グローバル企業からお金をもらう正しいやり方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/57759425

この記事へのトラックバック一覧です: ガラパゴス金融商品の行く末:

« 高コストの投信はいつか激減する | トップページ | グローバル企業からお金をもらう正しいやり方 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.