« ETFの運用残高で世界最大手の「iシェアーズ®」3銘柄が 7月17日(水)新規上場! | トップページ | 失敗したな、と思ったときにすべきこと »

2013年6月19日 (水)

マネーの公理を読み返してみる

 そろそろ下落相場も一服感があるので、ご紹介。

私が気に入っているのは、第三の公理。

船が沈み始めたら、飛び込め

表現に注意してほしい。沈み始めたら、なのだ。船が半分水に浸かるまで待ってはいけない。期待したり、祈ったりしてはいけない。

どうですか?

私は、この考え方からインデックス投資家も学ぶべきだと思うのです。

飛び込む日は、いつなんでしょうか。

おそらく、今回の場合は、5/23がその日だったと思われます。

それは、後になっての結果論なのかもしれません。

飛び込む日はわからない、というのがインデックス投資家の基本的な考え方です。

でも、ちょっと待ってください。

5/23の急落の時、あなたのポートフォリオは、あなたが計画した配分比率をホントに越えてませんでしたか?

5/23の日経平均は、終値14,483.98円でした。このとき、日経平均は、1000円も急落したのに年次リターンは終値ベースで69%の上昇です。日本株のシグマをざくっと20%とすると、実に3.5シグマ弱。

これで、リバランスをしないのであれば、あなたのプランに何か問題がないかチェックした方が良い、というのが、当ブログの考え方です。

もちろん、投資にはいろんな考え方があってしかるべきで、自己責任でどのような投資方法であってもいいので正解はありません。

失敗したな、売れば良かった、と思う人もいるかもしれませんが、当ブログの考え方は、明確です。

もし配分比率が、あなたのレンジの中に今いるなら、ドルコスト継続です。今となっては失敗ではなかったのです。チャンスなのかもしれません。

とはいえ、投資は自己責任です。

自分のルールで進んでいくしかありませんね。

みなさまの長期投資が、良い航海となりますことを祈っております。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ETFの運用残高で世界最大手の「iシェアーズ®」3銘柄が 7月17日(水)新規上場! | トップページ | 失敗したな、と思ったときにすべきこと »

コメント

>これで、リバランスをしないのであれば、あなたのプランに何か問題がないかチェックした方が良い、というのが、当ブログの考え方です。

同感です。ただ私の場合、プランの問題ではなく私の感覚・行動が麻痺状態にあったことが問題なのです。毎度のことなのです。何とかなりませんかね?

投稿: obk3 | 2013年6月19日 (水) 08時45分

obk3 様
 コメントありがとうございます。
 この先相場はどうなるかわかりません。日はまた昇ります。そう言わず、そのときにぜひお考えになってはいかがでしょうか?えらそーですみませんm(__)m

投稿: NightWalker | 2013年6月20日 (木) 00時02分

もう直ぐ期間限定ブログ、第二部が終了予定ですが、そこの6/8、「直近のオペレーション?ベッキーと上手く付き合おう(2)」でJ-REITと日本株のベキ分布について考察しました(↓)。
http://0123dangerousguyback.seesaa.net
スーパーベッキーですよ、両方共に!-2σ~+2σの正規分布ならリバランスでしょうが、米国債長期ゼロクーポン債といい、J-REITといい、随所でベッキーが発生してます。ここまで来ると、もうTAA発動でガッツリ、比率を変えるのも一考かと・・・。

投稿: Werder Bremen | 2013年6月22日 (土) 01時39分

Werder Bremen様
>もうTAA発動
 その考え方はありますね。
 私は、借金返済で実体面でそういうシフトをしたかっこうになっています。

投稿: NightWalker | 2013年6月22日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/57626525

この記事へのトラックバック一覧です: マネーの公理を読み返してみる:

« ETFの運用残高で世界最大手の「iシェアーズ®」3銘柄が 7月17日(水)新規上場! | トップページ | 失敗したな、と思ったときにすべきこと »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.