« リバランスの効果について | トップページ | 投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 »

2013年6月 5日 (水)

株価下落はどこまで続くか?

 日経平均下がってますね・・・・

 ちょっと前に

 というエントリーを書いたのですが、とうとう下落局面へ?

 こういうとき、長期投資家的には・・・・

  • 安く仕込める!

 と感じるような運用にしたいですね。

 そのためには、リバランスでリスクを許容範囲内に抑える、ということが重要です。

 その一方で、長期投資家的には・・・・

  • 今がチャンスだ、一気に仕込むぞ!

 とは、思わないようにしたいです。一気はいけません(笑)

 そのためには、ドルコストでゆったり投資、ということが重要なんですね。

 最近の私は、リバランスばかり唱えてましたが、またドルコストばかり唱えられるようになるかな(笑)。

 私がやってるドルコスト&リバランスは、株のボラティリティを利用した投資手法という見方もできます。

 株価は上がったり下がったりした方がいいのです。

 というか、株価は上がったり下がったりするのです。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« リバランスの効果について | トップページ | 投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 »

コメント

5月23日までの上昇にリバランスできずにいました。今になって「まだはもうなり」、「アタマとシッポは…」と大後悔。上昇局面におけるリバランスは「利食い千人力」にも通じるとも。相場に陶酔し先達の残した言葉すら耳に入らずルールを守らなかった自分が悪いのですが。

投稿: obk3 | 2013年6月 6日 (木) 05時32分

おっしゃる通り、「安く仕込める」と感じれば立派な長期投資家ですよね。
また、「今がチャンス!一気に仕込むぞ」と思わない事、これも大事だと思います。
我々長期投資家はただ愚直に今日も明日もコツコツと投資を続けて参りたいと存じます。

投稿: アフロ | 2013年6月 6日 (木) 10時50分

リバランスは、定期的にするものと、各アセットクラスが決めておいた割合から一定程度乖離した場合と、二つに分けて考えておくといいでしょうね。

後は、最初に決めた方針を、朝な夕なに念仏のごとく唱えるという事ですか・・・^^;。

投稿: おじさん | 2013年6月 7日 (金) 12時50分

みなさまコメントありがとうございます。
長期投資をしているとこういう場面がよくありますよね。
個人的には、ルールをきちんと守る運用の重要性をあらためて感じてます。

投稿: NightWalker | 2013年6月10日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/57626533

この記事へのトラックバック一覧です: 株価下落はどこまで続くか?:

« リバランスの効果について | トップページ | 投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.