« 日本市場の効率性 | トップページ | EXE-i 先進国株式ファンド »

2013年3月20日 (水)

こういうときは相場のチェックも重要

 投資家には相場に対して二つの選択肢があります。

  • 目先の相場ごときに気を取られる
  • 目先の相場ごときには気を取られない

 ちなみに、私は、前者です。

 しかし、理性で何とか自分を抑えていま・・・す(^^;)

 というわけで、相場のチェックです。(個人的な事情により外国債券はホールドしていないので除外ですm(__)m)

 

20130320

 うーーーん、またしても

 J-REITがやばい

 ことになっています!

 ・・・・・しめしめ・・・いやいや、

 こういうときは理性です!!

 すなわち、ポートフォリオのチェックです。 

 

201303202

  うーーーーん、日本株式とREITの

  許容レンジがオーバー状態

 になっていました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まだ上がると思うんです、まだまだ行くと思うんです、アベノミクスはこんなもんじゃないと思うんです・・・・・・・・・

 ・・・・・・・ルールに従って行動するしかないなあ(^^;)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 日本市場の効率性 | トップページ | EXE-i 先進国株式ファンド »

コメント

意志薄弱な私はリバランス出来ずにいます。恐らく失敗の始まりなんだと思います。

投稿: mto | 2013年3月21日 (木) 11時21分

なんかJ-REITはバブルの香りが漂ってきましたね~♪
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2010/12/j-reit2010-9a76.html#comments

2010年末のバブル警報は”三尊天井”!懐かしい(笑)。今回はもう少し理論的なバブル警報情報(ファンダメンタル)を集めてきました。
http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPTYE91J05120130220?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

http://blogs.yahoo.co.jp/takenaka1221/17477119.html
ご存知、行き違いならご容赦を。1番目の記事中、下の方にはPRRという指標(チャートはスクロールして記事の下に掲載)、2番目のブログ記事中に出てくるP/NAVという指標は使えそうです。お互いに上手く勝ち逃げしましょう(汗)。

ではでは

投稿: Werder Bremen | 2013年3月21日 (木) 16時58分

みなさまコメントありがとうございます。

>mto様
 売るべきときが、今なのか、明日なのか、誰にもわからないのですが、決めないといけない課題ですね。

> Werder Bremen様
 このネタ、きっときてくれると思ってました(笑)
 そろそろ危険水域ですかねー。何か兆候が見つかったらまた教えてくださいませ(m_m)

投稿: Nightwalker | 2013年3月21日 (木) 23時43分

確信は持てないんですが・・・2010年末のプチ・REITバブル同様、”三尊天井”のような気がしています。3/15、1542.52が小山で3/22、1576.40もしくは週明けに1600前後で大山。一週間~10日程度で3/15の小山に相当するピークが出現して降下・・・。

紹介した指数のP/NAVは株式のPBRに相当し「当月末日を基準日とし、翌月10日(土休日の場合その翌日)に公表します。」と書いてある(↓)。

http://www.tmaxv.co.jp/service_solutions/fund_forecast_latest1_overview.html

今月、3/11公表のデータは2/28時点のデータということです(↓)。

http://www.tmaxv.co.jp/service_solutions/fund_forecast_latest1.html

2/28のJ-REIT指数、終値は1323.25。3/22は1576.40。P/NAVの2/28、値はグラフから読み取ると1.35くらい?よって3/22現在のP/NAVは推定、

1.35×1576.40÷1323.25=1.60?????

です。2007年頃、J-REITが特盛バブルだった頃でもP/NAVは1.5程度みたいですから、1.6ってドンだけメガ・バブル...orz(汗)。

2007年当時、J-REIT指数は高値で2600ポイントくらいでしたが考えてみれば、あの当時と構成銘柄が今とは違うから、一貫性&連続性は乏しい筈?数銘柄は倒産、合併があったし、最近、上場したリートもあるわけで2600まで到達しなくてもバブルの可能性はあるでしょうね。あとは、アホな東洋人(どこの国か特定はしませんが、笑)のイカレポンチキ・マネーで合理的判断は無視して”糸の切れた凧”みたいに制御不能な爆上げはありそうです。私は残っていたJ-REIT指数の玉、来週早々に全弾放出予定です。

あとは自己判断、自己責任でお願いします(笑)。

投稿: Werder Bremen | 2013年3月23日 (土) 03時17分

Werder Bremen様
 コメントありがとうございます。
 利益確定の季節が来ている気がします、はい。

投稿: Nightwalker | 2013年3月24日 (日) 13時16分

想定通りと言うべきか、想定外と言うべきか・・・。1600ポイントは超えるかもしれないが、まさか1700ポイントまで行くとはイカレポンチキ、チャイナマネー恐るべしでした(想定外、笑)。”三尊天井”は、そうなりそうな気配かな~♪(↓、想定通り?)。
http://jp.advfn.com/p.php?pid=qkchart&symbol=JSX%5EREIT

3/15に小山、3/27に大山、10日程度(以内?)に小山が出現して

「巨大な土砂崩れ」

が発生するでしょう(汗)。外れたら御免ちゃい。先週、月、火、水に連続射撃で逃げました。J-REITのポジションは”ゼロ”です!上手く勝ち逃げに徹しましょう!

投稿: Werder Bremen | 2013年4月 1日 (月) 21時44分

Werder Bremen様
 コメントありがとうございます。
私も全弾ではありませんが、Werder Bremenさんと同じタイミングでだいぶ売っちゃいました(^^;)

投稿: NightWalker | 2013年4月 1日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56997586

この記事へのトラックバック一覧です: こういうときは相場のチェックも重要:

« 日本市場の効率性 | トップページ | EXE-i 先進国株式ファンド »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.