« Money forward | トップページ | こういうときは相場のチェックも重要 »

2013年3月17日 (日)

日本市場の効率性

 面白い視点の記事があったのご紹介します。ロイターさんです。

日本株市場はかつて銀行株のウエートが大き過ぎるなどアンバランスだったが、この20年でノーマライズ(正常化)されてきた

 たしかに、PERやPBRは、かつてに比べれば、とても低い水準にあるようにも思えますし、何より注目しているのが配当。

 今は少し下がってますが、まさか日本株の配当率が平均で2%台になるとは思いもしませんでした。
 よく、
  • 株式配当率>金利
 なら、債券より株式。
  • 株式配当率<金利
 なら株式より債券。
 というようなことが言われます。
 だとすると、日本株はずっと割安。今も割安ということになります。ほんとかしら(^^;)
 直感やその他の経済環境も含めて、何かマーケットの10年20年単位の大きな変化を感じさせるところが、最近の相場にはあって、気になりますね。
 まあ、それがどうあれ、私の投資は、ドルコスト&リバランスであるわけですけれども、最大の自己資産である仕事には、影響があるかもしれません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« Money forward | トップページ | こういうときは相場のチェックも重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56972729

この記事へのトラックバック一覧です: 日本市場の効率性:

» 利回りを比較した投資法は有効なのか検証 [高配当ETFで戦略的インデックス投資日記]
Nightwalkerさんの記事日本市場の効率性では配当利回りと債券金利を比較していますが自分も以前に投資戦略で活用したこともあり興味深いテーマでもあります 株式配当率>金利  なら、債券より株式。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月23日 (土) 20時00分

« Money forward | トップページ | こういうときは相場のチェックも重要 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.