« さわかみファンド 栄光の歴史 | トップページ | 円安が進む今、何を買っちゃったか »

2013年2月23日 (土)

直販投信の二つの存在意義

 直販投信と呼んでいる投資信託の意義というのは何なのか、改めて考えてみました。

 

  直販投信には、二つの存在意義があります。

 ひとつは、ブティックファンドという性格。

 大規模な大量生産型ブランドではなく、職人が1個1個作っていくというような感覚のあるファンドです。

 ただ、この性格のファンドの場合、

  必ずしも直販でなくてもよいのではないか?

 という気もします。

 実際、ひふみさんのSBI証券に続いてコモンズ30さんも楽天証券へ販路を広げました。藤野さんはかつて楽天さんと組んで鞍馬天狗っていうのもやってましたね。

 さわかみさんは、最初は、ウツミ屋証券さんと取引がありましたが・・・・その後は、直販投信に組み入れてもらい販路を広げると言う・・・(笑)、完全な直販ではないようなところあります。

 さて、長々書いてきましたが、もう一つの存在意義です。それは、

  • 直販だから安い

 という性格です。

 バンガード型とでもいうべきこのタイプ。ご存じのように日本に該当する直販投信は存在しません。

 日本の直販投信は、基本的には、前者のタイプです。

 バンガードが偉いのは、単一商品を売っているだけではなく、アクティブもパッシブも各種取り揃えてお安く売っているところです。

 この点、MRFさえない日本の直販投信とは一線どころか十線を画します。

 ちなみに、後者に最も近い位置にいると思われるのは、私の考えでは

 普通のファンド運用会社さん

 です。

 昔から存在しM&Aを繰り返してがんばってきた、STMやeMaxisシリーズを運用している会社さん自身が、下請けから脱却し、直販してくれないでしょうか?

 かつて挫折した経緯もあるこの試み。

 再度チャレンジする勇気ある経営者の登場を、日本版バンガードの登場を切に願う今日この頃なのでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« さわかみファンド 栄光の歴史 | トップページ | 円安が進む今、何を買っちゃったか »

コメント

コモンズ30さんは、SBI証券には、販路拡販してないのでは? 教えおこう

投稿: 平野駅 | 2013年2月24日 (日) 13時31分

素朴な疑問ではあるのですが「直販だから安い」は成り立つものなのでしょうか?私は実際には「安い直販投信がある」だけではないかと思っています。
餅は餅屋ではないですが、費用さえ適切であれば運用している会社は運用に専念して泥臭い(下請けの?)販売は販売会社に任せた方が実は効率がよかったりしないかと考えています。
もちろん三井住友トラストや三菱UFJ投信であればグループ内連携などで直販を立ち上げることも不可能ではないでしょうが、コストは下がらない上に販売ルートが減るだけになってしまう可能性が高い気がしています。

投稿: TA | 2013年2月24日 (日) 20時20分

みなさまコメントありがとうございます。
>平野駅様
 ご指摘ありがとうございます!
 日本語が変でしたね、修正いたしましたm(__)m

>TA様
 たしかにそういう側面はあるかもしれませんが、産地直送だから安い、というのを目指してほしい気はするのです。

投稿: NightWalker | 2013年2月24日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56826494

この記事へのトラックバック一覧です: 直販投信の二つの存在意義:

» インディーズシーンからメジャーデビュー??? [rennyの備忘録 (投資信託でk2k2と育ててます!)]
JUGEMテーマ:ビジネス -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------NightWalkerさんのエントリです。直販投信の二つの存在意義: NightWalker's Investment Blog チョ... [続きを読む]

受信: 2013年2月27日 (水) 07時30分

« さわかみファンド 栄光の歴史 | トップページ | 円安が進む今、何を買っちゃったか »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.