« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有、ヘッジ無のパフォーマンス比較 | トップページ | BRICs時代の終焉 »

2013年2月 6日 (水)

年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較

 続きです。

 では、国内債券と比べた場合は、どうなるのでしょうか?

 年金積立インデックスF海外債券の為替ヘッジ有り と 国内債券を比べてみました。(2001/10末~の比較です) 

201302062

 どうですか?

 海外債券の方が、ちょっとパフォーマンスがよいという風に見える方もいらっしゃるかも知れませんが、私には、中長期的に見て

  • どっこいどっこい

 に見えます(笑)

  この程度の差だったら、金融機関に為替ヘッジ代を含む信託報酬を払ってまで、海外債券に投資しなくてもいいやーーー。

 楽チンな国内債券でいこうっと!

 むしろ、より単純化して国内債券クラスと株式クラスのリバランスを地道にやり続ける投資法で行こうっと!!

 そのためには、まずはドルコストだー!!!

 という結論になった次第です。

 以上は、あくまで、私はそう考えた、というだけです。

 いろんな考え方があってしかるべしです。

 投資は、自己責任。

 自分の意思で進路を決めてこそ、それがだいご味というものですよね(^^)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有、ヘッジ無のパフォーマンス比較 | トップページ | BRICs時代の終焉 »

コメント

「不健全な債券は買いたくない。」

オークは日本債券に全然魅力を感じません。長い目で見たら為替ヘッジ無しの海外債券の方に魅力を感じます。問題にしている為替リスク管理は自分で調整できると思っています。
為替は自分の信じる中位点のレート(例えば95円から105円)を軸に調整リバランスすれば可能と思います。(積み立て中止も含めて)円高時は買い・円安時は売り自分で調整して為替の差益を享受すれば好いと思います。
日本債券に魅力を感じない理由は、ファンドの75%以上を占めている日本国債は不健全な債券だからです。簡単に破たんするとは思えませんが、どこから見ても不健全な債券に大切な資金は投じたくありません。

投稿: オーク X32 | 2013年2月 6日 (水) 22時39分

オーク X32 様
 コメントありがとうございます。
 なるほど。健全、不健全という視点も重要ですね!

 よく考えてみると、海外債券もちょっと前までその健全性についてはいろいろ言われていましたね。欧州も米国も、ギリシャ危機だ、ユーロは終わりだ、財政の崖だ、といろいろ叩かれてました。。。。

 ちなみに、私自身は、現時点では日本債券とはいっても、長期債券ではなく短期債券に投資しています。金利上昇側面(=長期国債下落)では、その方がいいかなーと思いまして。

投稿: NightWalker | 2013年2月 6日 (水) 23時04分

冒頭の本文は海外株式の為替ヘッジ無しとなってますが、グラフの海外債券ヘッジ有りが正解ですよね。
私も確かにどっこいどっこいに見えます。
オークさんの為替リスクは自分で調整できるとの考えも有りかなと思いますが、自分はあんまり投資に手間かけたくないので国内債券と株式ののんびり投資で行く方に一票!!
最終的には人それぞれ、個人の考えに基づいて自己責任ですね!?

投稿: kazu8612 | 2013年2月 7日 (木) 11時50分

面白い分析をありがとうございました。
これらの分析を踏まえて
自分なりにどういう戦略を立てるかということだと思います。
これからも有益な情報をお願いします。

投稿: stern18 | 2013年2月 7日 (木) 19時48分

みなさま、コメントありがとうございます。

>kazu8612様
ご指摘ありがとうございました。修正いたしました(m_m)
はい、投資は自分の考え方というのが大事ですね(^^)

>stern18様
ありがとうございます!
何かのヒントになってくれれば、ブロガーとしてとてもうれしいです(^^)

投稿: NightWalker | 2013年2月 7日 (木) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56711401

この記事へのトラックバック一覧です: 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較:

« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有、ヘッジ無のパフォーマンス比較 | トップページ | BRICs時代の終焉 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.