« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較 | トップページ | 長期分散投資はいつまで有効な投資方法か? »

2013年2月 7日 (木)

BRICs時代の終焉

 ロイターさんに興味深いコラムがありました。

 このコラムによりますと・・・・

<評価を上げた国>

  • 米国、欧州、日本

 日本がほめられたのって、Japan As No.1 以来かもしれない・・・・(笑)。

 そして、

  • サハラ以南のアフリカ諸国

 サハラ以南ってところがみそですね。

<評価を下げた国>

  • 英国、ロシア、ブラジル、中東

 うむむむ・・・。

<視界から消えた国(笑)>

  • 中国、インド

  うーーん、困った。

 BRICsが世界経済成長エンジンの時代はそろそろ終わるんですかねー?

 まだまだ、大丈夫?

 BRICs以外で構成された新興国インデックスファンドが欲しいと思う今日この頃。

  • 1945-1990 世界大戦後の時代
  • 1990--? 日本バブル崩壊、冷戦終結後の時代

 そして新しい流れ?

 

 いろいろ、ぽわーんと考えちゃいますねー(笑)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較 | トップページ | 長期分散投資はいつまで有効な投資方法か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56711576

この記事へのトラックバック一覧です: BRICs時代の終焉:

« 年金積立インデックスF海外債券 ヘッジ有と国内債券のパフォーマンス比較 | トップページ | 長期分散投資はいつまで有効な投資方法か? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.