« 日本版ISA(少額投資非課税制度) | トップページ | リバランスのレンジ »

2013年1月21日 (月)

ドルコスト法の話

  ybさんのエントリーです。

  みなさまご存じのように(笑)私はドルコストで投資をしています。

 だいぶ昔にいろいろ議論があったのですが、なんでドルコスト法なのか?という話について、2013年的なアップデートというか整理をしてみます。

 

 ドルコスト法は、

  • 上昇が中長期的に続く相場では不利
  • アップダウンが中長期的に続く相場では有利

 ということが言われています。

  • 仮に、上げ相場の期間とアップダウン相場の期間の出現頻度が同じぐらいであれば、ドルコスト法は損でも得でもないはずだ。
  • 一方で、サラリーマンは収入の得方から考えて、ドルコストが便利だし、そうならざるを得ない面がある。
  • 損でも得でもないならドルコストでも大丈夫そうだ。

 というのが私の結論で、今もそれは変わりません。

 ただ、正確には、微妙に違って以下の運用方法で私はやってます。この効果が検証できるのはあくまで数十年後と思われるので(笑)、ご参考ということでよろしくお願いします。

  1. まずは資産クラス別にドルコスト。
  2. リバランス(売却)するまでドルコスト。
  3. リバランスしたら、当該資産クラスは、しばらく、ドルコスト停止。
  4. もし、そのまま、上がり続けていたら、再度リバランス。
  5. もし、リバランスの領域まで達しなかったら。当該資産クラスのドルコスト再開。

 要は、株式投資では、「買い」と「売り」以外に「休み」が重要であるという教えを取り込んでみたわけです。

 そして、この効果がわかるのは、数十年後です(笑)

 どうなるのかなあ。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 日本版ISA(少額投資非課税制度) | トップページ | リバランスのレンジ »

コメント

Nightwalker様

こんにちは、newbondsです。
いつもお世話になっております。

昨年1年間の振り返りをふまえて、ブログ名称を変更しましたので、リンク名称の変更をお願いできますでしょうか。
大変お手数おかけいたしますが、よろしくお願いします。

社債投資まとめ
http://newbonds.seesaa.net/

投稿: 社債投資まとめ | 2013年1月21日 (月) 22時23分

社債投資まとめ 様
 変更しました~。

投稿: NightWalker | 2013年1月21日 (月) 22時51分

まとまった余裕資金がなく、月給から積み立てる必要のあるような方なら、貯蓄しておいて後からいっせいに買うより、ドルコストのほうがよいはずです。

しかし、現在投資できるキャッシュを持っているなら、確率としては、一気に投資してしまったほうがよいはずです。

なんだか当たり前の感じがしますが、なぜ山崎さんは色々言っているのでしょう?

投稿: おじさん | 2013年1月23日 (水) 15時15分

おじさん様
 コメントありがとうございます。

>現在投資できるキャッシュを持っている
 なるほど。
 ただ、投資をそれまでしていなかったからキャッシュを持っていたという場合は、リスク許容度が低い方かもしれません。そういう方にはあまり一気に投資することはおススメはしづらいですね(^^)

投稿: NightWalker | 2013年1月24日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56588960

この記事へのトラックバック一覧です: ドルコスト法の話:

« 日本版ISA(少額投資非課税制度) | トップページ | リバランスのレンジ »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.