« 「年金は払い損」と考えるのは間違い | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 資産総額500億突破! »

2012年11月25日 (日)

海外ETFについて考える 2012/11

 最近の課題は、よりシンプルな資産管理方法なのですが、その一環として個人的に大きなテーマとなっているのが海外ETFです。

 それは、そろそろ

  海外ETFをやめて、国内ETFにできないか?

 という課題です。

 水瀬さんが見やすく整理してくださっていますが、最大の問題である乖離率。

 そろそろ妥協点に差しかかっているのではないかという視点です。

  海外ETFは、コスト的にも投資対象的にも運用実績面でも魅力的な商品がある半面、投資コストが高いため、心のハードルが高くなってしまっています。

 MSCIコクサイ連動型のETFである1680と1550の基準価額推移を比較しておきます。

20121125

 運用方法は違えど、同じ市場環境で同じ指標に投資している二つのETF間の運用結果が同じになるという状態になれば、市場が成熟してきたんだなとも感じられます。

 そういう意味では、もう一段の安定感が欲しい、というところか・・・。

 いっそ、大差なしとして割り切るか・・・・うーん、まだ悩ましい状況ですかねー(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 「年金は払い損」と考えるのは間違い | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 資産総額500億突破! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/56192054

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ETFについて考える 2012/11:

« 「年金は払い損」と考えるのは間違い | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 資産総額500億突破! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.