« キャッシュポジション | トップページ | さわかみファンド第13期運用報告書 »

2012年9月20日 (木)

楽天銀行の投資信託販売事業が楽天証券へ

 気が付いていなかったのですが、楽天銀行さんの投信販売が楽天証券さんに承継されるとのことです。

2013年1月1日を効力発生日として楽天証券が会社分割(吸収分割)の方式により楽天銀行の国内籍投資信託の取扱いに係る投資信託販売事業を承継することについて基本合意いたしましたのでお知らせいたします。

 経営効率から考えると、まあ、当然という気もします。

 比較を転記しますと、こんな感じ。

- 楽天銀行 楽天証券
取扱銘柄数 323本 1,201本
うちノーロード銘柄数 106本 338本
投資信託積立機能 なし あり
その他 - (1,000円から
積立可能)

   楽天証券さんの方が、規模、利便性ともに上回ってますので、問題なしでしょうかね。

  ネット証券やネット銀行やネットxxが雨後のタケノコのように増えていった時代が終わりを告げて、機能が集約されていくということは、それだけネットが社会のインフラとして根付いて行ったということなのかもしれませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« キャッシュポジション | トップページ | さわかみファンド第13期運用報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/55699129

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天銀行の投資信託販売事業が楽天証券へ:

« キャッシュポジション | トップページ | さわかみファンド第13期運用報告書 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.