« 海外インデックスに投資する方法 2012/08 | トップページ | QE3 »

2012年9月14日 (金)

長期投資で考えなければならない長期展望

 最近、というか、以前から考えていることに、今後20-30年のトレンドというのがあります。

 

 だいぶ前に

  • 20世紀は、日米英の時代 
  • 21世紀は、富拡散の時代

 ・・・・などと考えていると書いたのですが、リーマンショック以降の流れを見ていると、どうなのか?

 「富の拡散」というのをもう少し具体的に考えてみると

  • 先進国は、デフレ(日本化?)
  • 新興国は、インフレ

 なんでしょうかねー。

 とはいえ、

  • 勝ち組と負け組に二極化する可能性
  • 安全保障上のバランスとの兼ね合い

 等々の課題から「予断を持たない心構え」が必要そうです。

 ・・・・などと考えてしまう私は、やっぱりインデックスですかねー(笑)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 海外インデックスに投資する方法 2012/08 | トップページ | QE3 »

コメント

「勝手に10年後を想像」

年金を請求したオークですが、20年・30年は先過ぎるので、10年後を勝手に想像してました。

日本経済:政府・日銀・財務省の機能不全から財政破綻が現実のものとなり強烈なインフレに見舞われている。ドル200円円安を受けて、リスク資産は値が上がっている。

米国経済:金融緩和政策が功を奏し、景気雇用回復している。世界の覇権を握り続け、過去から多くを学び、資本主義は揺るぎなく成長し続けている。

欧州経済:枠組みは既に崩壊して、元に戻っている。財政基盤が強固な国は発展を続け、軟弱な国は衰退し、二極化している。VGK国別アロは大きく変化している。

新興国経済:かつてのBRICSは成長止まり、成長の歪みに苦慮している。アジア・アフリカの人口増加国と資源を求めて、世界の企業が群がっている。

投稿: オーク X32 | 2012年9月14日 (金) 06時14分

オーク X32 様
 コメントありがとうございます、
 そうなんですよね、日本の場合、輸出産業が弱った後のインフレが最大のリスクだと思っています。

投稿: NightWalker | 2012年9月14日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/55651710

この記事へのトラックバック一覧です: 長期投資で考えなければならない長期展望:

« 海外インデックスに投資する方法 2012/08 | トップページ | QE3 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.