« グローバル化 | トップページ | 消費税 »

2012年6月25日 (月)

個人向け国債の売り方を考える

  個人向け国債、売れてないんですかねー。

  個人向け国債がどうしたら売れるか?

 iいろいろなアイデアがありますよね。

 というわけで、私からもえらそうにご提案。

 財務省直販国債! 

 どうでしょう?

 直販版で、より有利な商品を作ってしまうわけです。チョクハン・コクサイ。

 民業圧迫の批判も出るでしょうから、なんならマル優みたいな制度で一人当たりの上限を決めてもいいでしょう。

 預金好きの日本人にはすごくアピールしますね。

 新しく 郵貯を作り直すのか? と言われそうですが(笑)

 以上、与太話のコーナーでした!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« グローバル化 | トップページ | 消費税 »

コメント

AKB48総選挙の投票券つき国債でいかがでしょう?

投稿: kubojah | 2012年6月26日 (火) 12時48分

>kubojah様

それは良いアイディアですね(笑)

もしかしたら、マイナス金利が付くかもしれませんね。
国債を発行しているのに財政再建とか。

投稿: 名無しの投資家 | 2012年6月26日 (火) 22時34分

kubojah様 名無しの投資家様
 某事務所が喜んじゃうなあ(笑)
 アイデアありがとうございました!

投稿: NightWalker | 2012年6月26日 (火) 23時30分

いいですねえ。美人キャリア官僚が案内する財務省見学ツアー(万札せんべいお土産付き)が当たる・・なんてのもいいかもしれません。

投稿: おじさん | 2012年6月28日 (木) 13時39分

おじさん様
 財務省はあんまり見学したくないですが(笑)、それなら行こうという人がいるかもしれませんね。

投稿: NightWalker | 2012年6月30日 (土) 00時37分

握手券や投票葉券はAKB商法の根幹だから難しいかな。直販も財務省がやると逆に割高になったりして…。
結局は商品自体の魅力なんですよね。最近は変動10年だけは悪くないと思い多少買っています。小額でもポイントが貰えるし、紙くず、じゃなくて感謝状の受け取り拒否が出来るので楽天証券での購入です。

投稿: TA | 2012年6月30日 (土) 11時21分

個人向け国債は店舗證券の方が条件がいいですね。
ネット証券はもっとがんばって、100万から0.5%バックしたらいいと思います(店舗は1000万なので・・)

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20120622.html
>投資家から見て、個人向け国債の隠れたもう一つの魅力は、販売金融機関に入る手数料が安いことだ(販売代金の0.5%)

投稿: 預金王 | 2012年6月30日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/55046668

この記事へのトラックバック一覧です: 個人向け国債の売り方を考える:

» 中国の利下げ、スイス国債もマイナス金利 [投資一族のブログ]
みんなが欧州で騒いでいるのに中国のことで申し訳ないので、最初はスイス国債のことから触れておこうか。 クイズ:スイス国債がマイナス金利に転じているのはなぜか? スイス 2年国債金利のチャート ヒント:ドイツ国債と同じ理由ではない。ユーロから退避マネーによる需給の圧迫が"きっかけ"ではあるが、それは直接的な原因ではない。 最大のヒント≒答え:キャッシュ保有、すなわち0%金利のタンス預金より悪い理由を説明しなければならない。対ユーロの需給ではなく、対スイスフランのキャッシュで見ても買われている理由は何かと... [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 21時11分

« グローバル化 | トップページ | 消費税 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.