« 新入社員の皆さんへ!2012 | トップページ | 株価の予想結果 »

2012年4月 2日 (月)

全財産

  全財産で管理してみよう、と前回エントリーで書いてしまいましたが、全財産という定義は、実はけっこう難しいですよね。

 昨日は、いわゆる金融資産、

  • 金融口座(銀行・証券)の残高

 に加えて、「確定拠出年金の残高」も考慮に入れてはどうだろうか?という程度の意味でしたが、実際はもっと大きいのかもしれません。

 つらつら並べてみますと・・・・

  • 不動産(たとえば自宅ですね、先祖から受け継いだ山を持っているという人もいるかもしれません(^^;))
  • 将来もらえるであろう「退職金」の現在価値
  • 将来もらえるであろう「公的年金・企業年金」の現在価値
  • 相続金
  • 保険

 などですかね。

 また、よくいわれるのが、

 人的資本(自分自身の価値)

 これは、なかなか算定が難しいのですが、一つの考え方としては、自分を企業と仮定して、DCF法的に評価するというのがあるかもしれません。

 将来にわたって生み出す「収益(キャッシュフロー)」を現在価値に割引いて評価するという手法を自分自身に使ってみるわけです。

 ここで、自分自身が生み出す収益(キャッシュフロー)は、(収入)-(支出)ということになります。

 言い換えるなら、一生で貯金可能な金額の総和を(将来分は割り引いて)求めてみるわけです。

 自分は、一体、残りの人生でどのくらい貯金できるか?

 計算するのに勇気がいるようないらないような(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 新入社員の皆さんへ!2012 | トップページ | 株価の予想結果 »

コメント

これは大変重要ですね。
会社からの報酬は当てにならないし、相続もいろいろと問題があるようですが・・
http://www.nikkei.com/money/features/17.aspx?g=DGXNMSFK14035_14032012000000&df=1

少なくとも(現在の)自分の純資産は把握しておかないと、とても適正な運用はできないような気がします。

投稿: 預金王 | 2012年4月 3日 (火) 10時18分

人的資産ほど、リスクの大きいものはありませんね。20代でもう、大学時代の私の同級生100人の死亡率は。4%担っていました。

年をとるにしたがって、さまざまな障害で働けねくなる、会社をリストラされる・倒産に会うなどのリスクがあります。

そこを勘定に入れる必要がありますね。

投稿: おじさん | 2012年4月 3日 (火) 13時00分

すみません。追加で・・。

遺産などは、親が少ししっかりした老人ホームに入り、長生きすればすぐゼロになります。相続税もあがってゆくでしょう。あまり当てにしないほうがよいことが多いです。

投稿: おじさん | 2012年4月 3日 (火) 13時02分

皆さまコメントありがとうございます。

>預金王様
 自分を知るということが重要ですが、意外と現実直視できてなかったりします。そういえば、FPさんが最初にやるのが、全財産とライフプラン全体の収支の確認だったりしますね。

>おじさん様
 おっしゃる通りで、将来もらえることを仮定した資産(人的資本、遺産・・・・)の現在価値を求めるのはたいへん難しいですね(^^;)

投稿: NightWalker | 2012年4月 3日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/54375897

この記事へのトラックバック一覧です: 全財産:

« 新入社員の皆さんへ!2012 | トップページ | 株価の予想結果 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.