« セゾン投信運用資産総額500億円突破 | トップページ | STAM(SMT) CMAM eMaxis 年金積立 信託報酬比較表 »

2012年3月17日 (土)

STAM インデックスシリーズの信託報酬率引き下げ等について

  すでに多くのブロガーの皆さんが書いていらっしゃいますが、STAMインデックスシリーズが 大改良!

 

    今回の改良ポイントは2点。

     
  • 信託報酬が業界最安値水準へ(確定拠出年金専用ファンドを除きます) 
  • 名前が、皆さんに愛されたSTAMからSMTに変更

 どんなふうになるかというと、税込信託報酬率が、

ファンド名
(4月1日以降のファンド名)
変更後
2012年4月20日以降
変更前
(2012年4月19日まで)
STAM 日経225インデックス・オープン
(SMT 日経225インデックス・オープン)
0.389% 0.420%
STAM TOPIXインデックス・オープン
(SMT TOPIXインデックス・オープン)
0.389% 0.473%
STAM グローバル株式インデックス・オープン
(SMT グローバル株式インデックス・オープン)
0.525% 0.630%
STAM 新興国株式インデックス・オープン
(SMT 新興国株式インデックス・オープン)
0.630% 0.683%
STAM 国内債券インデックス・オープン
(SMT 国内債券インデックス・オープン)
0.389% 0.420%
STAM グローバル債券インデックス・オープン
(SMT グローバル債券インデックス・オープン)
0.525% 0.578%
STAM 新興国債券インデックス・オープン
(SMT 新興国債券インデックス・オープン)
0.630% 0.630%
STAM J-REITインデックス・オープン
(SMT J-REITインデックス・オープン)
0.420% 0.525%
STAM グローバルREITインデックス・オープン
(SMT グローバルREITインデックス・オープン)
0.578% 0.683%
ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス 0.630% 0.683%
世界経済インデックスファンド 0.525% 0.630%

 

  となります。

 特に先進国外国株式クラスと新興国株式クラスを若干含む世界経済インデックスファンドの信託報酬が、0.525%に値下げされたことは大きいです。

 今回の変更で想定される背景や要因は、

  • 資産額の増大による収益力の増大 
  • 住信AM、中央三井AMとの合併 
  • 元祖ローコストインデックスファンドとしての意地を張ってみたくなった。
  • 相場がよくなってご機嫌になった。

  などでしょうか。

  いやいやいや、まてよ、これも、ひょっとすると、日興さんに続いて(参考記事)・・・

  • 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 狙い

  に違いない(笑)

 憶測はおいておきまして、

 住信さん(中央三井さんも?)ありがとうございます!

  いくつか、ブロガーの皆さんの記事もご紹介しておきます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン投信運用資産総額500億円突破 | トップページ | STAM(SMT) CMAM eMaxis 年金積立 信託報酬比較表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/54241669

この記事へのトラックバック一覧です: STAM インデックスシリーズの信託報酬率引き下げ等について:

« セゾン投信運用資産総額500億円突破 | トップページ | STAM(SMT) CMAM eMaxis 年金積立 信託報酬比較表 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.